女優アリソン・スドル Photo by Donna Ward/Getty Images

写真拡大

 「ハリー・ポッター」シリーズの前日譚「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」で、魔法使いのクイーニー役を演じて注目を集めた女優アリソン・スドルが、新作「The Last Full Measure(原題)」に出演することが決定した。

 本作は、セバスチャン・スタン、サミュエル・L・ジャクソン、クリストファー・プラマー、ウィリアム・ハート、ブラッドリー・ウィットフォードといった豪華俳優が結集する、事実に基づいた政治ドラマ。米国防総省の若き調査官スコット・ハフマン(スタン)が、ベトナム戦争中に60人以上の海兵隊員を救い自らは命を落とした空軍医ウィリアム・ピットセンバーガーに名誉勲章を与えるため、連邦議会に働きかける姿を描く。米ハリウッド・レポーターによれば、スドルはハフマンの妻タラ役を演じるという。

 監督は「ロンリーハート」のトッド・ロビンソン。「The Last Full Measure」は、4月にアトランタとコスタリカで撮影が行われる。