【血液型の自己紹介】AB型は「AI並みの知的未来人」、情報収集は誰にも負けません!

写真拡大

――春には新しい職場や飲み会で、知らない人との出会いも多くなりますね。自己紹介の機会も増えるでしょう。でも、自分ってどんな人間なのかしら……と、迷ったあなた。「血液型別の自己紹介」でまずは自分を知り、相手を知って、良好な人間関係を築いていきましょう。

<最終回 AB型>

■AB型が得意なこと
・プロファイリング
・戦術
・流行をキャッチする

 頭の回転が速いAB型は、何でもテキパキと片づけます。情報を集め、その中から最善なものをチョイスするのが上手。ゲームの攻略や、社内の人間関係図なども、すぐに把握します。戦術にも優れているため、職場では一目置かれる存在に。しかし、仕事よりもプライベートを重視するAB型。流行をキャッチするアンテナも鋭く、最先端のものを好むでしょう。

■AB型が苦手なこと
・バーゲン
・バカ騒ぎ
・雑然とした部屋

 冷静で論理的なAB型。我を忘れて、がむしゃらに突進するのは苦手です。バランス感覚を重視するので、バカ騒ぎをしている人をみると妙に冷静になってしまいます。また、美的センスが高いので、ものを選ぶときは真剣です。値段にかかわらず、自分に合ったものを選ぶタイプ。バーゲンでの奪い合いなどはもってのほか。雑然とした場所にいると、イライラしてくるでしょう。

■AB型に効果テキメン! AB型はこう扱われたい!!
 一見クールに見えますが、感受性が強いAB型。そのため、「何を考えているのかわからない人」と、周囲に思われがちです。本音としては、「傷つきやすいので、いろいろ心の内を詮索されたくない」と思っている様子。そのため、AB型が話したがらない話題は、触れないほうがベター。逆に、AB型がハマっている趣味などは、いろいろ尋ねてもOK! 自慢したくてたまらないはずです。

 プライバシーに立ち入ってほしくないAB型。しかし、誰に対しても分け隔てなく接する博愛主義者です。誰かがケンカをしていたら、きちんと両者の話を聞いて、仲裁してくれるのがAB型です。適切な対応で、円満解決をしてくれるでしょう。
(金森藍加)