『LOGAN/ローガン』

写真拡大

マーベル映画最新作"最後"のウルヴァリンをヒュー・ジャックマンが全身全霊で演じる『LOGAN/ローガン』が6月1日(木)に公開となる。日本公開に先駆け、全米では3月3日に公開され、3日間で8530万ドル(約97億円)を記録し、「ウルヴァリン」シリーズの中でもNo.1の猛ダッシュとなった本作。"アメコミ映画初"となるベルリン映画祭での上映後にスタンディングオベーションが起きたことや、全米批評家サイト「Rotten Tomatoes」のトップ批評家による評価でも、92%(4/5付)という高評価を維持し続けていることからも、作品の質の高さが立証されている。この度、そんな本作を引っさげ、ヒューとジェームズ・マンゴールド監督の来日が決定! 特別な思い入れのある日本のフアンに向けて、ヒュー本人が日本語でSNSにメッセージを投稿している。

大ヒット・シリーズ『X-MEN』において最高の人気を誇る"ウルヴァリン"ことローガンは、スパイダーマン、バットマン、アイアンマンらとともに2000年代以降のアメコミ映画の隆盛を牽引してきた孤高のヒーローである。国際的なスーパースターとして揺るぎない地位を築いたヒューにとっては、ハリウッドでの成功をたぐり寄せた最も思い入れの深いキャラクターだ。そんなキャラクターを6度目に演じた『ウルヴァリン:SAMURAI』では、マンゴールド監督がメガホン取り本格的に日本ロケを敢行した。加えて、親日家として知られるヒューとあって、日本人にとっても馴染み深い。そんな彼が、本作で17年間に渡って9度演じたウルヴァリンを卒業する。

1年7ヶ月ぶりの来日となるヒューは、本作でキャラクターから卒業することについて「本当に全力を出し切った」と語る。ヒューと3度目のタッグを組むマンゴールド監督も「我々がこれまで作ってきた『X-MEN』シリーズよりもずっとリアルで、ヒーローたちの人間らしさを見せる作品になった」と自信の程を明かす。そんな想い入れたっぷりの本作を引っさげ、二人が5月24、25日に実施が予定されている"最後のウルヴァリン"に相応しい大規模なレッドカーペットイベントや記者会見へ登壇する。日本に先駆けて公開された国々でもPRイベントを実施しており、各会場1万人以上のファンが詰め掛け、ビルの屋上や、歩道橋の上までファンで埋め尽くされるなど、ヒューの卒業を惜しんだ。

本日早朝、ヒュー本人が特別に日本のファンに向けて、自身のTwitterで「オハヨウゴザイマス。5月に日本に行くことになり、とても嬉しいです。新作『ローガン』をみせることができて、とても興奮しています。今回のワールドツアーで日本は最後の場所ですが、最高の最後です。アリガトウゴザイマス」と流暢な日本語を含めて発表した動画が投稿された。シリーズにとっても大切な国である日本で、二人は何を語るのか? 益々期待が高まる『LOGAN/ローガン』は6月1日(木)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)