写真提供:マイナビニュース

写真拡大

モデルの滝沢カレン(24)が、5日深夜に放送されたテレビ東京系トーク番組『きらきらアフロTM』(毎週水曜25:00〜/5日は25:20〜)で、インフルエンザで欠席したタレント・松嶋尚美(45)の代役を務めた。先週は陣内智則(43)だった。

番組冒頭、MCの笑福亭鶴瓶(65)が松嶋の欠席を報告し、「それでは紹介します。滝沢カレンさんです」。観覧席からは驚きの声が上がり、拍手で迎えられた滝沢は「緊張してます」と笑顔を見せた。

独特の言語表現でバラエティ番組に引っ張りだこの滝沢。この日も「お父さんは多分どうかしてる」「親戚がいないことで有名」「(生まれは)ド都内」「テレビ出てこそ、緊張してるということになっている」「インフルエンザは超1回だけあります」「(メガネを外した鶴瓶に)面白いことになってます」「(今読んでいる本の作者は?と聞かれ)聞いたこともない」「(座右の銘は)自給自足」と迷言を連発し、スタジオを盛り上げた。

鶴瓶は滝沢のペースに翻弄されつつも、「私はあなたみたいな人と長いことやってるんですよ。日本人ですけどね」と松嶋を話題に。「割りと日本人ですけど、何言うてるか分からん人。あの人も強烈な人ですよ。シンパシーを感じるでしょ?」と2人に共通する魅力についても言及していた。