写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アスクは4月6日、ZOTAC製グラフィックスカードの新モデルとして、ロープロファイルに対応したNVIDIA GeForce GTX 1050 Ti搭載カード「ZOTAC GeForce GTX 1050 Ti 4GB LP」とNVIDIA GeForce GTX 1050搭載カード「ZOTAC GeForce GTX 1050 2GB LP」を発表した。4月7日に発売し、店頭予想価格は「ZOTAC GeForce GTX 1050 Ti 4GB LP」が税別17,980円前後、「ZOTAC GeForce GTX 1050 2GB LP」が税別14,980円前後。

ロープロファイルへの対応に加えて、全長160mmのコンパクトサイズ、補助電源不要で小型PCへの取り付けに好適というグラフィックスカード。

「ZOTAC GeForce GTX 1050 Ti 4GB LP」の主な仕様は、ベースクロックが1,290MHz、ブーストクロックが1,392MHz、メモリが128bit接続のGDDR5 4GB、メモリクロックが7,000MHz、出力インタフェースがHDMI 2.0×1、DisplayPort 1.4×1、DL-DVI-D×1。本体サイズは160×70×34mm。

「ZOTAC GeForce GTX 1050 2GB LP」の主な仕様は、ベースクロックが1,354MHz、ブーストクロックが1,455MHz、メモリが128bit接続のGDDR5 2GB、メモリクロックが7,000MHz、出力インタフェースがHDMI 2.0×1、DisplayPort 1.4×1、DL-DVI-D×1。本体サイズは160×70×34mm。