(c)2017Twentieth Century Fox Film Corporation

写真拡大

 6月1日に公開される『LOGAN/ローガン』で主演を務めるヒュー・ジャックマンの来日が決定した。

参考:2017年アメコミ映画のテーマは“多様性”? 杉山すぴ豊が“ヒーローと時代のシンクロ”を考察

 『X-MEN』シリーズから生まれた『ウルヴァリン』シリーズ最新作となる本作は、ウルヴァリンことローガンが、ミュータントがほぼ絶滅し荒廃した近未来でローラという謎めいた少女を守るミッションに挑む模様を描く。3月3日に公開された全米では、3日間で興行収入8530万ドル(約97億円)を稼ぎ出す大ヒットを記録している。

 ジャックマンは自身のTwitterで、「オハヨウゴザイマス。5月に日本に行くことになり、とても嬉しいです。新作『ローガン』をみせることができて、とても興奮しています。今回のワールドツアーで日本は最後の場所ですが、最高の最後です。アリガトウゴザイマス」と、流暢な日本語とともに来日を発表した。『ウルヴァリン:SAMURAI』に続いてタッグを組んだ監督のジェームズ・マンゴールドとともに来日する。

 『X-MEN』シリーズ第1作『X-メン』から17年間にわたって9度ウルヴァリンを演じてきたジャックマンだが、ウルヴァリン役を務めるのは今回が最後。本作でキャラクターから卒業することについてジャックマンは「本当に全力を出し切った」と語っており、マンゴールド監督も「我々がこれまで作ってきた『X-MEN』シリーズよりもずっとリアルで、ヒーローたちの人間らしさを見せる作品になった」と自信を覗かせている。

 ジャックマンとマンゴールド監督は、5月24日、25日に実施予定のレッドカーペットイベントや記者会見に登壇する予定だ。(リアルサウンド編集部)