新社会人からは早くも「辞めたい」という声がツイッターでは挙がっているが、辞めたいのは新卒だけではない、ブラック企業で働く人も同様だ。

女性用コミュニティサイトのガールズちゃんねるでは4月4日、「ブラック会社あるあるがいいたい」というスレッドが立った。スレ主は4ヶ月に及ぶ転職活動の末にハロワの求人で事務職への転職が決まったが、新しい会社ではタイムカードはなく、社訓みたいなものを毎日唱えさせられている。またお局社員は悪口を言い放題で、離職率は高いという。

「ハロワで紹介された内容と違う就業時間前から仕事させられる。 みなさんのブラック会社あるあるをお聞かせください」

と投げかけた。

「会議室からの怒鳴り声がフロアに響き渡っている」

スレ主と同様に先輩従業員らの横暴な振る舞いにブラックさを感じる人からのコメントが多い。

「お局やパートがめちゃくちゃ偉そう 指導能力もないのに、勤続年数を笠に着て偉そう!」
「お局が尋常じゃないほど幅きかせてる」

また、職場で日常的に罵り合う雰囲気を挙げる人もいるが、こんな環境では仕事が捗るわけがない。

「会議室から怒鳴り声。扉は閉まってるのに、それでもフロアに響き渡っている」
「日常的に罵声が聞こえる」

上役に媚びへつらい、上からの覚えがめでたい人が権力を握るのもブラック企業あるあるだ。

「幹部は実力や人望ではなく、社長のお気に入りか否かで決まる」
「社長の意見に反対した3名みんなクビ しかもクビを宣告する前に会社規定を変えて退職金無しに変更」

本人も自分は実力がないと自覚があるからだろうか、社内で自分の悪口を言う人を監視するようだ。「社員の動向を監視、報告する謎の特命社員がいる」「謎の監視報告ネットワークが存在する」という不気味なエピソードを書く人もいた。

「トイレットペーパーは個人で持参」という超絶ドケチ企業も

定時など名ばかりで、ひたすら働くことを要求されるのもブラック企業にはありがちだ。「定時で帰る人が誰一人いない」というだけでなく、

「休憩時間が休憩できない…」
「社長、社長婦人、専務、家族経営ですが、勤務中に野球の中継など見てるだけでほぼ仕事しない。 しわ寄せは全て私にきました。 エブリデイサービス残業! 」

という書き込みもあり、完全に労基法違反となっている。中には、「1日25時間働け!」と言われたと書く人もいた。長時間労働の割に給料が安いことも深刻で、

「基本給が一桁で、謎の手当てで給料を調整する」
「正社員とは名ばかりで給料手取り14万でボーナスなし」

という声も。「給料日に給料がもらえない。いつも遅れる」という人もいたが、この会社の財務状況は間違いなく良くない。ほかには、

「夜勤と言う名の24時間勤務、月残業80時間、手取り17万円、ボーナス無し、セクハラ付き、40度の熱が出ても帰してもらえない」

というものもあった。この人は一年半でおかしいと気付いて辞めたという。

このような環境では心と体に変調を来すのも無理はない。「仕事が嫌すぎて毎晩夜中に目が覚めてしまう……」という人もいる。「行方不明になる社員がいる 数日で辞めることが普通」「いつも求人が出ている」というのは、もはや驚くことではなくなってしまうようだ。

ほかのひどいエピソードとしては、「トイレットペーパーは個人で持参」「ボールペンやシャーペンくらい買ってほしい(中略)手を洗う水道は元から締められていてチョロチョロしかでない ドケチと節約は違うよバカヤロウ」というものもあり、従業員を馬鹿にしたような企業が相当数あることがうかがえる。

このような企業で働いていいことはない。心身もバランスを崩す前に、転職を考えるのも手だろう。