オハヨウゴザイマス! - 画像はヒュー・ジャックマン公式Twitterのスクリーンショット

写真拡大

 ヒュー・ジャックマンが主演最新作『LOGAN/ローガン』を引っ提げ、1年7か月ぶりに来日することを自身のTwitterの動画で発表した。白のシャツに黒のネクタイを締めたヒューは「オハヨウゴザイマス。5月に日本に行くことになり、とてもうれしいです。新作『ローガン』をお見せできることに、とても興奮しています。今回のワールドツアーで日本は最後の場所ですが、『一番いいものは最後に取っておく』と言うでしょう?(微笑み) アリガトウゴザイマス」と日本語も交えて日本のファンに呼び掛けた。

 2000年公開の映画『X-メン』以来、17年間にわたって孤高のヒーロー・ウルヴァリンを演じてきたヒューは『LOGAN/ローガン』をもって同役を卒業。「本当に全力を出し切った(ヒュー)」「我々がこれまで作ってきた『X-MEN』シリーズよりもずっとリアルで、ヒーローたちの人間らしさを見せる作品になった(ジェームズ・マンゴールド監督)」という本作は、治癒能力を失ってもはや不死身の超人ではなくなったウルヴァリンがズタズタに傷つきながらも最後の死闘に身を投じるさまを描き、すでに公開されている海外ではファンからも批評家からも激賞されている。

 そんなヒュー=ウルヴァリンのラストを飾る本作のワールドツアー最後の場所となったのが日本。『ウルヴァリン:SAMURAI』(2013)では本格的な日本ロケが行われたことも記憶に新しく、シリーズともゆかりの深い地でヒューが何を語るのか注目だ。ヒューと共にマンゴールド監督も来日し、5月24日、25日に実施予定の大規模なレッドカーペットイベントや記者会見へ登壇する。(編集部・市川遥)

映画『LOGAN/ローガン』は6月1日より全国公開