反米・親北思想が濃厚な文在寅氏 EPA=時事

写真拡大

 盧武鉉政権以来、約10年ぶりの左派・革新政権が韓国に誕生しようとしている。現職大統領の失職という異常事態、未曽有の政治混乱が続く韓国社会の行く末を、ソウル駐在歴40年の黒田勝弘氏が占った。

 * * *
 朴槿恵大統領の弾劾・罷免で、10年続いた右派・保守政権が崩壊した。その結果、5月に誕生するはずの新政権は、野党勢力の左派・革新系に握られることがほぼ確実になった。この右から左への権力移動は、韓国現代政治に関する筆者のかねてからの「10年周期説」を裏付けるものだ。

 韓国は1987年の民主化選挙以来、30年間に6人の大統領が誕生している。その間、2人で10年ずつ右、左が交代してきた。今回、周期にしたがって左派・革新政権が誕生すれば、金大中・盧武鉉政権(1998─2008年)以来、10年ぶりということになる。

 ここで仮に、支持率トップを独走する「共に民主党」の文在寅政権が誕生するとして、その左派・革新体質を展望するには金大中・盧武鉉政権を振り返ることが手っ取り早い。文在寅氏は盧武鉉の長年の部下で秘書室長だった。いわば“ミニ盧武鉉”である。そこでまず、盧政権下で何があったかおさらいしておく。

 その前に、文在寅氏については先年こんな風景があった。産経新聞の加藤達也元ソウル支局長が朴槿恵大統領に対する名誉毀損事件で起訴された時のことだ。最大野党の「共に民主党」代表だった彼が外信記者クラブで記者会見をした際、筆者は「産経新聞の記者だが……」といってこんな質問をした。

「今回の起訴をどう思うか。盧武鉉政権時代、私(黒田)も記事が気に食わないといって大統領官邸から排除されたことがある。あなたの言論観を聞きたい」

 答えは「起訴はよくない。言論の自由は民主主義国家として守られなければならない。私は(政権を取れば)言論の自由を保証する」という平凡なものだったが、冒頭でわざわざ「われわれは産経新聞は好まないが……」と前置きした後、そう答えたのだ。

 実は盧武鉉政権時代にはこんなことがあった。政権3年目(2005年)の年末、大統領官邸で外国人記者を招いての大統領主催の晩餐会があった。筆者にも招待状が来たが、晩餐会の前々日になって広報担当官から電話があり「来なくてもいい」というのだ。

 理由は述べず「そうなったので了解してほしい」という。「来るな」というのに「行かせろ」などと物欲しそうなことはいいたくない。「こっちだって年末は忙しいのだ。イヤなら最初から招くな。時間がムダになった」とイヤ味をいって電話を切った。

 後で取材したところ、筆者が疎まれ排除されたのは「日本の雑誌に書いた記事内容が官邸当局に伝わり、側近たちが腹を立てたから」だと分かった。その記事とは当時、筆者が『SAPIO』に書いた盧武鉉大統領の反米外交に対する批判だった。

 本コラムは当時、盧武鉉政権の反米、反日、親北政策をこっぴどく批判した。以降、筆者は大統領官邸から排除された。当時のコラムは来るべき“文在寅政権”の政策を予測する格好の材料になるだろう。コラムは後に『ソウル発これが韓国主義』(2009年、阪急コミュニケーションズ刊)にまとめてある。参考にしてほしい。

 さらに盧武鉉時代にはこんなこともあった。もっと個人的なことだが、当時、ソウルの自宅近所にある西江大学で3年ほど客員教授をした。日本の上智大学に相当するカトリック系の大学で、頼まれて日本事情を教えていた。ところがある日、突然、左翼系の『ハンギョレ新聞』に「クロダ・サンケイ記者が不法就労、国外追放も」という記事が出たのだ。

 つまり、こちらは奉仕活動のつもりだったのに、「手当をもらっているから記者の資格外活動で入管法違反」というのだ。調べてみると、左翼系の学生会が「日本の極右言論人に講義させるのはケシカラン」と新聞社に垂れ込んだらしい。

 その後、他の新聞やテレビも一斉に「クロダ記者、国外追放も」と競って伝えた。となると入管も動かざるをえない。呼び出されて「申し訳ないが……」と恐縮(?)され、800万ウォン(約80万円)の科料に処せられた。

 韓国マスコミの期待に反して国外追放(?)は免れたが、盧武鉉政権下の韓国マスコミの雰囲気を象徴するエピソードだ。今回の朴槿恵弾劾のロウソク・デモを最も扇動し、文在寅政権誕生をヨイショしているのが『ハンギョレ新聞』である。

 保守の朴槿恵政権下でも名誉毀損で起訴があったのだから、左派政権となると敵対勢力には何でもありだろう。メディアでさえ、気に食わない外国人記者の国外追放を平気で扇動したのだから。

 いや、盧武鉉政権の前の金大中政権でもこんなことがあった。人権と民主主義の英雄(!)でさえあったあの金大中大統領の下で、民主化闘士あがりの与党議員が国会の対政府質問で何と「産経新聞ソウル支局の閉鎖、追放」を主張したのだ。「新しい歴史教科書」の版元の扶桑社が産経新聞社系列だからケシカランというのだった。

【PROFILE】黒田勝弘●1941年生まれ。京都大学卒業。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長を経て産経新聞ソウル駐在客員論説委員。著書に『決定版どうしても“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『韓国はどこへ?』(海竜社刊)など多数。

※SAPIO2017年5月号