ケンダル・ジェナーのペプシのCM、批判を受けて取り下げられることに

写真拡大

モデルのケンダル・ジェナーの出演するPepsi[ペプシ]の新コマーシャルが、削除されたことが発表された。

ケンダルの出演する新CMは現地時間4日に公開されると、大きな批判を集めることに。CMの内容は街でブロンドのウィッグを被ってモデルの撮影をしていたケンダルが、途中でウィッグをとってデモ行進に加わり、待機していた警察官の1人にペプシを1缶渡して、警察官がそのペプシを飲んで、歓声が上がるというものであった。しかし、このシーンが昨年7月にドレスを着た黒人女性レシア・エヴァンスさんが機動隊の前に立って話題になった写真に似ていると指摘されることに。この時は白人の警察官に黒人男性が射殺される事件を受けて抗議デモが起きていた。ネット上ではペプシを渡せば人権問題が解決できるほど単純なものではないという意見や、白人のケンダルだから丸く収まるのではないかという批判的なコメントが目立った。

今回の批判を受けてペプシ側は「ペプシは結束、平和、理解というグローバルなメッセージを映しだそうとしました」と強調。「明らかに、我々は的外れでした。謝罪いたします。我々は真剣な問題を軽視するつもりはありませんでした。コンテンツを取り下げて、これ以上の展開を停止します。我々はこの状況に置いてしまったケンダル・ジェナーにも謝罪したいです」とコメントしている。