「2画面電子ペーパー楽譜専用端末」がワコムのデジタルペン技術を搭載してテラダ・ミュージック・スコアから発売

写真拡大 (全2枚)

テラダ・ ミュージック・スコアが開発した、世界初の「2画面電子ペーパー楽譜専用端末(GVIDO)」が、2017年9月20日より、日本、北米、欧州の市場で、同社から発売される。

本機には、ワコムが提供する独自のデジタルペン入力システム「feel」が採用され、見開き2画面に(13.3型フレキシブル電子ペーパー)、電子ペンを使って書きこみや消去ができるのが特長だ(ペンの後部を消しゴムのように使って書いた文字等を消去できる「消しゴム機能」を搭載)。

本製品には、ワコムが提供する「デジタイザー(電磁誘導方式)」と、2048段階までの筆圧検知が可能なスタイラスペンを搭載しており、譜面への書き込みが手軽にできる。楽譜に様々な書き込みをすることは演奏家の間では日常的に行われるが、デジタル化された楽譜でも同様のことが可能となった。

■ニュースリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
・パナソニック、ハイレゾを簡単に楽しめるCDステレオシステムを発売
・コンパクトながらダイナミックな低音を実現したデスクトップ・サイズのスピーカー「Elevate 3 MKII」
・「視覚」×「聴覚」で楽しむ、音で読む新感覚マンガ「SHIORI SOUND EXPERIENCE -Noise-」を公開
・サンコー、「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」を発売
・こぼした飲み物も窓ガラス掃除もホコリやチリも。水が吸える掃除機「スイトリーナー」