“偽プロポーズ”でデザート詐取した男女

写真拡大

誕生日や結婚記念日などのお祝いにレストランやホテルを利用すると、記念に特別サービスを受けられることがあります。しかし、それを目的にわざわざ“偽プロポーズ”をレストランで実行。無料デザートをもらっていた男女が物議を醸しています。

米テキサス州のキャティ・ドミトロヴィッチさん(19歳)とアレックス・ナイジェルさん(17歳)さんのふたりは親友同士。先日「運のない一週間を送った自分たちを、ちょっと元気付けるために」と、ある高級レストランで食事をすることにしました。しかし、ただ出かけるだけではつまらないと、2人は無料サービスを目当てに、ちょっとしたパフォーマンスを企てます。そこで、レストランではカップルの真似をし、食事が終わる直前に“偽プロポーズ”をすることにしたのです。

そして、計画通りキャティさんがお手洗いに席を立った時、アレックスさんはウェイターを呼び、「これから彼女にプロポーズをするので、写真を撮ってください」と告げます。そしてキャティさんが戻ってくるタイミングで、アレックスさんがひざまずき、準備した指輪とともに「結婚してください」とプロポーズ。

彼女らの演技はなかなかのものだったのでしょう。周りのお客さんも祝福の拍手でお祝いしてくれ、お目当てのデザートもサービスとして運ばれてきました。この時の写真をキャティさんがTwitterに載せると、3万5,000件を超えるリツイートと、6万4,000以上の「いいね」がつくことに。さらにFox Newsなどの全米ネットワークのニュースなどでも紹介されるまでになりました。

しかし、やはりウソをついてデザートを手にしたという行動に否定的な意見も出ており、Fox Newsのサイト上でも「詐欺だし、泥棒だよ」というコメントがいくつか見受けられました。