クォン・サンウ&チェ・ガンヒ出演ドラマ「推理の女王」第1話から視聴率11.2%!水木ドラマの1位を記録

写真拡大

KBS 2TV新水木ドラマ「推理の女王」第1話が水木ドラマ1位を獲得した。

6日、視聴率調査会社ニールセン・コリアの集計によると、5日に韓国で放送された「推理の女王」第1話は、全国基準11.2%を記録した。

これは前作の「キム課長」の最終話の視聴率17.2%には及ばないが、同時間帯に放送されたSBS「師任堂(サイムダン)、色の日記」やMBC「自己発光オフィス」より高いもので、1位を記録した。

「自己発光オフィス」は7.4%で、前日記録した6.0%より1.4%ポイント上昇し、「師任堂、色の日記」は9.4%となった。

この日放送された「推理の女王」では、生活密着型推理クイーンとして並外れた推理力を見せた主婦ソルオク(チェ・ガンヒ) とカリスマ性あふれる熱血刑事ワンスン(クォン・サンウ) がチャン・ドジャン(ヤン・イクチュン) に会って危機に陥る姿が描かれ、これからの展開に期待を高めた。