暖かい季節になると、ちょっと窓を開けるだけで、すぐに虫が紛れこんできます。

アフリカのトイレットペーパー製造工場にも1匹のハチが紛れ込んでしまったそうです。

なぜそれが分かったのかというと……少々ショッキングなトイレットペーパーの写真をご覧ください。

 

A wasp flew into the toilet roll manufacturing machine.

[画像を見る]
わわ! 無残にもトイレットペーパーの一部となってしまいました。

工場では気づかれずに出荷され、購入者が使おうとしたときに気付いたとのことです。

使う側も、工場側も、そしてもちろんハチも残念な事故となり、誰も喜ばない犠牲となりました。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●自分ならこのトイレットペーパーはもう使わない。後で痛くなりそう。

↑見てみろよ。これはシングルじゃないか。投稿者は貧乏なんだ。最大効率のためにトリプル(3枚重ね)を使うべきなんだ。

(投稿者)これは実際はダブルなんだよ。(貧乏ではなく、アフリカに住んでいる)

●見た感じはモダンアートみたいだ。

●製造者へ連絡をしたら、きっと貴重なトリプルのクーポンをくれると思う。

↑アフリカだから、メーカーは気にしちゃいないと思う。

↑それはアフリカのどこかによる。南アフリカ、ナイジェリア、アルジェリア、エジプトあたりは、ちょっとは気にする。

●事実上、ハチペーパー。

●投稿者は大丈夫なの?

●保存して額縁に入れよう。そしてトイレの上に飾ろう。

↑それが正解だ。

↑あるいはドアの横にでも貼って、他のハチを怖がらせる。

(投稿者)そうするよ。

●スズメバチが巻き込まれなかったのが残念だ。

↑だけとミツバチは救おう。

●酔っぱらってバーでその紙を使ったところを想像してみよう。それを見ていったい何が起こったのかと思い始める。

●もしかしたらそれが新しいトイレットペーパーの強さを調べる方法かもしれないだ。


前もって気づけばよいですが、知らずに使ってしまう場合も多そうですね。

【「トイレットペーパーの製造工場にハチが紛れ込むと…どうなると思う?」→こんなことが起きる】を全て見る