写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ワークスモバイルジャパンは4月5日、「接客・営業職におけるプライベートSNSアカウントの業務利用実態調査」の結果を発表した。調査は3月10日〜12日、所属企業の業務上、週3回以上接客・営業で顧客と接している18〜49歳の正社員、派遣社員、契約社員824名(男性412名、女性412名)を対象にインターネットで行われた。

顧客からプライベートのSNSアカウントを聞かれたら教えた経験があるかを調査すると、76.5%が「教えたことがある」という結果に。また顧客からプライベートのSNSアカウントを聞かれる確率は35.6%だった。

プライベートのSNSアカウントを顧客に教えたことがあると回答した人を対象に、教えた理由を調査すると、42.4%が「業務上、断れない/断りづらかった」、38.8%は「業務上、教えたほうが都合が良いから」という結果になった。「業務と関係がない連絡がきたことがある」という人は71.9%だった。

プライベートのSNSアカウントを聞かれたが、教えなかったと回答した人を対象に、教えなかった理由を調査すると、「業務と関係ないプライベートな連絡が来るのは嫌だから」(57.1%)、「プライベート情報が流出してしまうから」(54.1%)という結果になった。一方で「企業から禁止されているから」は24.5%だった。

回答者の所属企業において、プライベートのSNSアカウントを顧客に伝えないように対策しているかを調査すると、52.5%の企業で「業務で使用することを推奨されてはいないが、対策やルールがない」という結果に。プライベートのSNSのアカウントを「対策やルールがなく、業務で使用することを推奨されている」企業も7.2%存在した。