こんにちは、渡辺早織(@w_saori)です。
最近子どもが産まれたわたしの友人A子の気になる発言「子どもが生まれてから、ダンナをキライだなと思うことがでてきた」から始まった産後の女性の赤裸々インタビュー。
では、出産したその瞬間から育児待ったなしの状態の女性が経験した、男性と女性の“違い”についてリアルな実体験をお伝えしましたが、vol.2では、育児をスタートさせた夫婦の関係性についてディープに話してもらいました!

育児がスタートすると夫婦の関係性にも変化があるの?

A子: 大きく変化するよ。まず、女性はとにかく赤子のお世話で24時間がフル稼働になる。片時も息が抜けない。慣れるまではとくにね。それと先日、とある番組で見たのだけど、産後に出るホルモンは自分の子どもを守るために、外敵に対しての攻撃性を増すらしいの。

渡辺: 外敵って……旦那さんも含まれちゃっているのでしょうか……。

A子: そうね(笑)。だけど、旦那だけとは限らないかな。その時期はとくに「ガルガル期」といって、いろいろな人に対して気が立ってどうしようもなくなるんだよね……この程度は人によるらしいけど。

渡辺: 自分でもコントロールができないというのはつらいよね。一緒にいる時間が長い旦那さんにイライラしてしまうことは、ある種しょうがないのかも。

A子: その通り。だから自然とトラブル頻度は高くなる(笑)。友人の旦那さんは、そのような態度になった友人に対し「産後、なんか俺に冷たくない? 前はもっと優しかった」と言ったそう。

渡辺: む。それはちょっと優しさが足りないかも……!

A子: 正直、この時期の女性は、自分の子どもを守るホルモンで全身包まれているから、旦那のことは眼中にない状態になってしまう。男性側からしたら、友人の旦那さんのように思っても仕方ないよね。でも24時間育児に追われ、ホルモンで攻撃状態にある女性からすると、一気に爆発しちゃう発言だよね(笑)。

渡辺:男性も、育児がスタートしたら女性は変わるものだとわかっておくだけで、お互い思いやりをもてそうだね。

夫婦間の関係性が変わったと1番感じた出来事は?

A子: これは私の経験談であり、ほかの出産経験友人にも強く共感された経験なんだけど……出産後、女性の生活は180度変わる。でも、それに反して男性の生活はほぼ変わっていないでしょ。男性は日中仕事に行っているあいだ、産前と変わらない生活をしている。一日の大半が前と変わらないリズムで過ぎていく。

渡辺: うんうん。

A子: 旦那さんが会社の先輩から休日にライブに誘われ、そこに行ってもいいかな? ときかれたことがあるの。会社の先輩の誘いだからお断りは難しいし……行ってきていいよ、と言うしかないけれど……このときに私は思ったのよね。「旦那には休日にライブに行くor行かない、という選択肢がある。けれど私にはそもそも、その“選択肢がない”」と……。

渡辺: その現状を思いっきり叩きつけられるような出来事だね。男女の永遠の課題なのかもしれない……子どもを産んでいない私の想像の中だけど、女性は子どもに対して母になるから、せめて旦那さんには一女性として個人を尊重してもらいたいと思うかも。唯一甘えられる存在なはずだしね。ここを話し合わずに通過してしまうとどんどん溝ができてしまいそう。

どうか、キライにならないで……! と願うばかりの渡辺なのでした。しかし育児がスタートしたことで、夫婦の関係性にも変化が出るのは必須のようです。
では、産後の夫婦がお互いにストレスが少なく、仲良く生活をしていくためにはなにが必要になるのか!?