写真提供:マイナビニュース

写真拡大

bitFlyerは4月7日、ビックカメラに対し、仮想通貨ビットコインによる決済サービスの提供を開始する。

ビックカメラは、改正資金決済法施行に伴う国内におけるビットコインの普及、及び海外からの観光客によるビットコイン決済の利用を見込み、ビットコイン決済サービスの試験導入を決定したという。

導入店舗は、「ビックカメラ有楽町店」「ビックロ ビックカメラ新宿東口店」。決済上限は1会計につき10万円相当のビットコイン。なお、現金と同率のビックポイントが付与される。

サービス提供開始を記念し、4月7日10時〜19日23時59分、「ビックカメラ×bitFlyer決済サービス提供開始Wキャンペーン」を実施。期間中に導入店舗でbitFlyerのiOSアプリ「bitFlyerウォレット」を使ってビットコイン決済をした先着200名に500円相当のビットコインをプレゼントする。また、かんたん店舗決済「bitWire SHOP ver2.1」に登録した人の中から抽選で200名に500円相当のビットコインをプレゼントする。