累刻の城
(c)kazumasa UCHIO

アートコレクションハウス株式会社は、2017年4月14日(金)から3日間にわたり、ウインク愛知(愛知県産業労働センター)7F 展示場702〜704で「内尾和正の世界展 〜人の心に棲む竜が語りかける譚歌」を開催する。映画版「ファイナルファンタジー」の背景画とコンセプトアートや「神撃のバハムート」のモンスターイラストを担当する内尾和正氏の展示会。昨年9月に横浜の赤レンガ倉庫で開催された「ファンタジーアートの巨匠 内尾和正の世界展 〜人の心に棲む竜が語りかける譚歌〜」の反響を受け、東海エリアでは初の開催となる。入場無料で、時間は11:00〜19:00(初日は16:00閉場 / 最終日は17:00閉場)。1959年生まれで1979年に大阪デザイナー学院イラスト科を卒業した内尾和正氏は、TVCMでの作品映像化や数々のファンタジーゲームでのコンセプトアート、キャラクター制作を手掛けている。2003年からはオリジナル作品の版画化にも着手して、画家としての活動を展開。現在はライフワークである絵物語「綺譚しるべ」の制作に取り組んでいる。本展では、画家デビューから発表してきた数々の版画作品や、全長3mを超える大型作品など約50点を展示。一部を除き、作品は購入も可能となっている。4月15日(土)の13:00からと、4月16日(日)の12:00からは、作家本人が会場に来場予定。

霞彩の櫓
(c)kazumasa UCHIO

■期間:
2017年4月14日(金)〜4月16日(日)

■開催場所:
ウインク愛知(愛知県産業労働センター)7F 展示場702〜704
愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38

■問い合わせ先:
アートコレクションハウス株式会社
url. http://art-eventcollection.info/uchio2017