不妊の48%は男にも原因。「検査して」と彼に言うと…【目指せ!デキたら婚】

写真拡大

 デキたら婚を狙って独身だけど妊活をしている雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。

 不妊治療を始めるためには、男女どちらも基本的な生殖能力や性病検査などが必要。不妊専門クリニックでその事実がわかったところで、ふと頭をよぎるのは「男の健康」についてです。

◆妊活はひとりじゃできない

 結婚よりも子どもが欲しいと思いたって以来、勝手に一人で突っ走ってみたけれど、妊娠は当然ながら2人の問題です。

 彼氏である仏くんも了承こそしてくれましたが、スタンスはあくまでも「好きにしたら」という放置主義。「じゃああなたの子種を好きに頂戴しますわ!」というわけにもいかないし、そもそも「あなたは健康なのかい?」という疑問もわいてきます。

 不妊症カップルのうち、原因は「女性のみ=41%、男性のみ=24%、男女とも=24%、不明=11%」だそう(WHO=世界保健機構、1998年調査)。てことは、48%は男性側にも不妊原因があるということです。

 ここいらで、しっかり姿勢を正してもらおうじゃないか。その第一歩として、男性の繁殖力を確認する「精液検査」を受けてもらおうじゃないかと思ったのですが、これがなかなか苦戦することになるのです。

◆「検査して」と言うと、彼氏はガン無視!

 不妊治療の悩みを読むと、だいたいトップに上がってくるのが「夫が無関心」というやつです。例にもれず9割のことは許してくれる彼氏も、基本は無関心。そんな彼になんて言ったら、ノリノリで精液検査に挑んでくれるだろうか(ノリノリで受けるものでもないけど)。

 悩んでも正解が導き出せないので、とりあえずダラダラしている時に「ねー、ウチら妊活中じゃーん。精液検査うけよーよー」と軽いノリで言ってみました。つとめて明るく、深刻な雰囲気をなるべく出さずに。

「んー……」

 スマホの画面を見ながら、彼の薄めなリアクションが返ってきました。

「た、たのむね。まじで」

 意外と強気に出られない私の気持ちはガン無視で、彼はそのままゲームに興じているのでした……。

 きっと世の多くの妻が、同じような展開になり、そして悩み、怒りを抱くんだろうなあ。と、しょんぼりしながら、ここで引き下がってなるものか。彼の面倒くさがりな性格を鑑み、戦略を立て直します。

◆男性の妊活検査はどうやって受けてもらうべきか

1:お金は私が出すから!と説得する
2:泣き落とす
3:彼の家の近所にある泌尿器科を探して、検査に行く負担が少ない事をアピール
4:土下座して真面目に頼みなおす

 うむ、地元で検査する病院を見つけ、私がお金を払うからと真面目に説得し、ゴネたら泣き落とそう……と結論を出したあと、おかしさに気づきます。

「ていうか、検査して“いただく”って、そもそもおかしくない?」

 妊娠は私の体がするものですが、子どもは2人のもののはず。それなのに、制作過程ですでに女から男に「お願いする」というのは、不自然極まりないではないですか。

 でも「男は本能的に遺伝子をたくさん残したがる生き物である」という情報をみんな信じているから、万が一彼に問題があった場合、男の本能を否定し、傷つけてしまうかもしれない。だから自分ごとである女の検査より、男の検査はハードルが高いのかも。

◆もし彼氏が不妊だったら……一緒にいられる?

 そもそもこのプロジェクトは「デキたら婚」という、子どもを先に作ることが目的なのに、彼に回復不能の不妊原因があったら私はそれでも彼との将来を考えていけるのだろうか……子どもを諦めるくらい、彼を好いているのだろうか。

 はっきりいって、彼の事は結構大事だけど、今は答えがわからない。

 妊娠〜子育ては、こんなふうにパートナーとの向き合い方を何度も何度も考え直し、そして進んでいく。だから結果的に子どもを持たなかったとしても、人は成長するものかもしれません。

 選んだ道は、まず進まないと始まらない。

 もう1回姿勢を正して「検査してよ!」と声をかけてみたのですが、相変わらず仏の彼氏からは、ムニャムニャした返事が返ってくるのみ。

(向き合い方を考え直しえて成長するんだ私よ……)ぐっと肩をつかみ、彼にむきなおります。

「あのさ、こっちは真面目に言ってんだよーー!」

 ガクガク肩を揺らしながら、詰め寄ります。私の成長は、暴力行使であったわけですが、「わかった!わかった!」と彼は答えてくれたので、状況は少しだけ動き出したような気がします。

<TEXT、イラスト/おおしまりえ>
【おおしまりえ】
雑食系恋愛ジャーナリスト・イラストレーター
水商売やプロ雀士、素人モデルなどで、のべ1万人以上の男性を接客。現在は恋愛ジャーナリストとして年間100本以上恋愛コラムを執筆中。ブログ・Twitter:@utena0518