iPhone 8の製造に問題が発生したため、その発売が例年よりも遅れるという噂が流れています。

iPhone 8の発売は10〜11月に?

今回の噂によると、iPhone 8の製造はスムーズに進んでいません。

画面のラミネーション加工がこれまでのiPhoneとは異なること、FaceTimeカメラに搭載する3Dセンサーに課題が残っていることから、技術的な問題に直面しているそうです。

「画面のラミネーション加工」とは、おそらく画面・タッチセンサー・ガラスを1つの層にまとめる加工と考えられます。

3Dセンサーは背面のiSightカメラにも搭載され、拡張現実(AR)や顔認証に使われるのではないかとの噂があります。
iPhone 8はAR(拡張現実)機能も搭載、Appleが本格参入?
→ iPhone 8に搭載される3Dセンサー、その仕組みとは?

iPhone 8の発表は9月、発売は後日?

ウェブサイト『Mac Rumors』は、「iPhone 8の発売が遅れる」という噂が続けて流れてくることを踏まえ、今後は以下のようにスケジュールが組まれるのではないかと予想しています。

パターンA

9月にiPhone 8とiPhone 7s・iPhone 7s Plusを発表、同月に3機種を発売。ただしiPhone 8の流通量は限定的になる。

パターンB

9月にiPhone 8とiPhone 7s/7s Plusを発表、同月にiPhone 7s/7s Plusを発売。iPhone 8は在庫を増やしてから10〜11月に発売。

参考

New Report Suggests Apple Could Delay ‘iPhone 8′ Launch to October or November - Mac Rumors