めちゃんこリアルな食品サンプルを作れる3Dペンが発売されるよーっ! 子供よりも大人がハマりそう…

写真拡大

2015年11月に発売された「3Dドリームアーツペン」は、平面に絵を描く要領で立体的な物を作れる3Dペン。シリーズ累計出荷数40万個を突破したという大人気アイテムでし。

特殊樹脂入りの専用インクで絵を描いて、マジカルライトを当てるとあら不思議、さっき描いたイラストが立体的になっちゃったYO!

本日みなさんに紹介するのは、シリーズの新商品、「3Dドリームアーツペン 食品サンプルセット(4本ペン)」(税込み5184円)です。

これでリアルな食品サンプルが作れるんだとか。楽しそうーーーー!

【これはヤバイ】

2017年4月中旬に発売されるこちらの商品は、読んでそのまま、自分の手で食品サンプルを作ることができる夢のようなアイテム。ハンバーガーやラーメン、カレー、デザートなどのリアルなミニチュアの食品サンプルが、約20個も作れちゃうんですって♪

【簡単に作れちゃうみたい!】

作り方は実に簡単。付属の「デザインシート」に描かれた食品のイラストを専用インクでなぞるか、「3Dプリントパーツ」へ専用インクを投入し、各パーツを組み合わせて、マジックライトを当て固めれば、たちまち食品サンプルが完成します。

記載されているレシピどおりに色を組み合わせれば、食品サンプルでよく使われる “茶色” をバリエーション豊かに作り上げることができるので、作品の幅も広がりますよぉ!

【注:電池は別売りです】

商品の箱に入っているのは、イエロー、グリーン、ホワイト、レッドの専用インクが入ったペンが各1本。マジカルライト1本、 デザインシート1枚、3Dプリントパーツ1個。そのほかトレースシートや、インクを混ぜるためのスプーンや鍋、取扱説明書が入っているみたいです。そのほか、使用する際には別売りの単4乾電池が3本必要とのことなので、お買い忘れなく。

子供はもちろん大人もトリコ。いやむしろ、大人にこそウケそう……。1日中遊んでいられそうだし、うっかりハマったら最後、引きこもりになっちゃいそうだわっ。

参照元:メガトイ、プレスリリース
画像=©2016 RedwoodVentures,Ltd. iDO 3D and all trademarks are Property of RedwoodVentures,Ltd.
執筆=田端あんじ(c)Pouch

画像をもっと見る