オランダ・ペイナーケルの店で販売されていたアドルフ・ヒトラーの図柄を含む塗り絵帳(2017年4月5日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】オランダで子ども向け塗り絵帳の題材にナチス・ドイツ(Nazi)の指導者アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)が使われていたことが分かり、販売していた小売店が5日、店頭から引き揚げたことを明らかにした。

 問題の商品では、かぎ十字の腕章をはめてナチス式の敬礼をしているヒトラーの図柄に色を付けられるようになっている。

 販売していた日用品店のクライドワット(Kruidvat)はフェイスブック(Facebook)で「今回の件は非常に遺憾だ」と謝罪。それぞれフットボールと城の塔をテーマにした2種類の塗り絵帳に採用されているヒトラーの図柄を「不適切」だと指摘した。

 クライドワットによると、この塗り絵本は今月3日に売り出され、直ちに店頭から回収された。現在、ヒトラーの図柄が取り上げられた経緯を調査中だという。

 商品を購入した客には払い戻しに応じるとしている。
【翻訳編集】AFPBB News