4月6日をどう過ごす? #数字で読み解く365日

写真拡大

「数字で読み解く365日」では、数秘術をもとにカレンダーに記されている日付=数字に宿る意味を知ることで、人生をより豊かにするヒントを毎日お届けします。
<4月6日>
誠実さを表す「4」と愛と調和の「6」が組み合わさることで生まれたのが、新たな門出を意味するデイナンバー「1」です。
今日は長い春や腐れ縁と手を切る吉日です。寂しいけれどけじめをつければ、不思議なほどスッキリするはず。不用品の処分にも開運効果が。
4月6日生まれの人はどんな人?
上昇志向が強い頑張り屋さん。達成しなければいけない目標が高いほど、燃え上がりそう。恋愛では、愛されるより、自分が愛を注ぎたいタイプ。

数秘術とは
古代ギリシャの哲学者・ピタゴラスの説く「アルケー(物事の起源)は数である」がルーツ。森羅万象の営みはすべて数で象徴されるという考えに基づき、世界の動きや人の運命など、様々な事象を読み解く占術。

image via shutterstock