宝塚に一発合格した松岡修造の長女・恵さん

写真拡大

「“修造さん、がんばりましたね”って言われるんですけど、ぼくは何もがんばってなくて、がんばったのは娘です。父親としては、娘がやりたいことをどこまで貫くか楽しみにしたい」

 あの“日本一熱い男”松岡修造(49才)なので「やったぞー!」と飛び跳ねながら大喜びするかと思いきや、意外にも冷静な、愛娘への祝福の言葉だった。

 3月30日、受験者数1042人、倍率26.1倍という狭き門をくぐり抜けた宝塚音楽学校第105期の合格者40名が発表された。その中で一際注目を集めたのが、松岡と元テレビ東京アナウンサーの田口惠美子さん(51才)夫妻の長女・恵さん(17才)だった。

「身長169cmのスラリとした体形に、ご両親に似て整った顔立ちとシャープな目元にファンからの期待もすでに膨らんでいます。がっちり固めたリーゼント姿で合格発表にきたことから男役志望ということは伝わってきますが、上品で美しい容姿に“彼女の娘役を見たい”という声も聞こえてくるほどです。宝塚の受験は2度、3度と挑戦するのが当たり前の世界ですが、恵さんは一発合格でした」(宝塚関係者)

 松岡家と宝塚の関係は深い。そもそも、松岡の曾祖父・小林一三は阪急グループの創始者で、宝塚歌劇団の創設者だ。父親は映画会社・東宝(“東京宝塚”の略)の名誉会長で、母親は宝塚第44期の千波静。しかも、千波の姉・淳と妹・薫も元タカラジェンヌで、かつて花組トップスターだった蘭寿とむ(41才)は薫の息子の妻。さらに薫の娘・千波ゆう(現・田中里衣・45才)も宝塚出身。恵さんは“華麗なる一族”のサラブレッドなのだ。家族一丸となって受験に臨むケースは多い。

「トップ娘役として活躍した黒木瞳(56才)さんは、長女を宝塚に入れるために幼少からバレエ教室に通わせていました。何度か受験したとも聞きますが、受験資格の年齢的にラストイヤーだった今回の合格者に名前はありませんでした。無念だったでしょうね」(別の宝塚関係者)

※女性セブン2017年4月20日号