どんなに好きでも彼女に言われると「別れ」を意識するセリフ

写真拡大



付き合った頃は、「ずっと一緒にいようね」と甘い言葉をかけてくれたカレ。でも、いつのまにか心が離れて振られてしまった…なんて経験はありませんか?

カップルの別れには、さまざまな理由があります。でも、やっぱり多いのは、“小さなすれ違いの積み重ね”。あなたのちょっとした発言が、カレの気持ちをどんどんと凍らせてしまうことがあるんです。

そこで今回は、20〜30代独身男性を対象に「彼女と別れを意識したセリフ」を徹底リサーチ! 絶対に口にしてはいけないフレーズをピックアップしてみましたよ。

■1.私のこと、本当に好き?

「オンナってどうして『私のこと好き?』『どのくらい好き?』って聞いてくるんだろう。付き合っているんだから、好きに決まってるじゃん! この質問聞くたびにウンザリするよ」(27歳/IT)

とにかくシャイで感情表現が苦手な日本人男性は、なかなか自分の気持ちを口にしないもの。だから不安になって、「本当に私のこと好きなの?」と改めて確かめたくなってしまうことがありますよね。

でもコレ、男性をもっともウンザリさせるフレーズの1つ。口が裂けても聞いてはいけませんよ。どうしてもカレに「好き」って言わせたいときは、あなたの方から「○○くん、大好き」と伝えましょう。きっとそれなりの反応が返ってくるはずです。

■2.私より仕事の方が大事なんだね

「仕事と恋愛を比べるって、どうかしてるでしょ。彼女との結婚を真面目に考えているから、一生懸命仕事しているっていうのに、女はまったく分かっていない」(33歳/メーカー)

彼の仕事が忙しくて、なかなかデートをする時間がないときって、ポロッとこんな嫌味を言ってしまいがち。たとえ本心でなかったとしても、男性は「その程度の女だったんだ」と内心ガッカリするそうですよ。

時間がなくて構ってもらえなくても、「仕事と私、どっちが大事なの?」なんて聞いたら絶対にダメ! 次に会ったときに思いっきり甘えながら、「寂しかった…」と素直な想いを伝えましょう。

■3.ねぇ、誰と連絡取ってるの?

「電話がかかってきたり、スマホを操作するたびに『誰から?』『仕事の人?』って聞かれるのが鬱陶しくて仕方ない。別に浮気している訳でもないのに、疑われている感じが不愉快なんだよね」(30歳/金融)

男性は自分の行動を管理されるのを極度に嫌うもの。「誰と連絡取っているの?」「誰と一緒にいたの?」「昨日何してたの?」なんてことを細かく聞かれると、思わず「うるせぇな!」と怒鳴ってしまうほどイラッとする瞬間があるんだとか。

「もしかして他の女性と…」と、カレの行動が気になってしまうのは、ふたりの間にまだ信頼関係が構築されていない証拠。もっとお互いに信頼していれば、無駄な心配をすることもなくなるはずですよ。

■4.どうして○○してくれないの?

「最近、彼女からの要求が多すぎて困ることがある。『どうしてすぐに連絡くれないの?』『どうして○○できないの?』って不満をぶつけられても、どうすることもできないことだってあるんだけど」(25歳/保険)

カレのことを愛しすぎて、フラストレーションが溜まっている女性に多いのが、「どうして?」「なんで?」の質問攻め。仕事が忙しくて疲れ切っている男性は、この不満を耳にするたびに付き合っていることを後悔するんだとか…。

相手に何かを要求する前に、あなた自身がカレに何をできているのか考えてみてください。一方的に求めてばかりいると、相手をウンザリさせてしまうだけですよ。

■おわりに

今回ご紹介した4つのフレーズに心当たりのある女性は要注意! 今すぐ発言を撤回して、悲しい別れをそっと回避してくださいね。(mook/ライター)

(ハウコレ編集部)