おなか減ってきた! - 新企画展示「食べるを描く。」ポスター画像
 - (c) Studio Ghibli (c) Museo d'Arte Ghibli

写真拡大

 三鷹の森ジブリ美術館が5月27日より新企画展示「食べるを描く。」を開催することが明らかになった。日常を丹念に描いていることが特徴の一つに挙げられるジブリ作品の中でも、観る者に鮮烈な印象を与えるのがあまりにもおいしそうな「食事シーン」の数々。今回はそんな「食事シーン」がどのように描かれたのかをひもといていくという、文字通りファン垂涎ものの企画だ。

 例えば『千と千尋の神隠し』で千尋がハクにもらったおにぎりを泣きながら食べるシーンや、『ハウルの動く城』でハウルがベーコンエッグを作り、ソフィーとマルクルたちと食べるシーン……。展示では、これら数秒間のために描かれた原画や絵コンテ、背景画などの制作資料を見せながら、「食事シーン」を表現するために用いられた工夫や作画の技術、作り手の意図などを解説する。

 さらに『となりのトトロ』のサツキとメイの家の台所と、『天空の城ラピュタ』のタイガーモス号のキッチンを実物大で制作。映画の世界に入ったかのように、調理中のサツキやシータ気分を味わうこともできる。また「食」を描くことは登場人物たちの暮らしや文化を描くことでもあることから、映画をつくるときの資料となるような参考図書の紹介コーナーも設けるという。企画・監修は『コクリコ坂から』の宮崎吾朗監督。(編集部・市川遥)

新企画展示「食べるを描く。」は5月27日〜2018年5月(予定)まで
三鷹の森ジブリ美術館は日時指定の予約制(ローソンでのみ販売)、夏休みシーズンチケットの先行抽選販売は5月25日より受付開始