北朝鮮の労働新聞は5日、署名入りの論評を通して、「現日本執権勢力の登場以降、軍事大国化はより露骨に強行されている」と非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「『自衛隊』を世界的な精鋭戦力につくって日本を米国に依存しなくても戦争を行える完全な軍国主義国家、侵略国家につくろうとするのが現日本当局の野心である」と指摘。

また、「日本の再侵略野望は危険ラインを越えている。日本の反動層は、われわれの『核・ミサイル脅威』を世論化して長い間、夢見てきた再侵略の野望を実践に移そうとしている」と主張した。

さらに、「日本の反動層が術策を弄し、先制攻撃を企んでいるが、それは日本を抜き差しならぬ破滅のどん底に陥れかねないということをはっきりと認識すべきである」と強調した。