中国公安部が明らかにしたところによると、現時点で、中国全土の公安機関出入国管理部門が発効した電子パスポートは累計9800万冊以上で、今のペースでいけば4月中に1億冊を突破する見込み。

写真拡大

中国公安部(省)が明らかにしたところによると、現時点で、中国全土の公安機関出入国管理部門が発効した電子パスポートは累計9800万冊以上で、今のペースでいけば4月中に1億冊を突破する見込み。そうなればEで始まり8ケタの数字からなっていたこれまでのパスポート番号が枯渇し、新たな番号が採用されることになる。人民日報が伝えた。

近年、中国の経済・社会は継続的に健全な発展を見せ、出国する人が年々増加しているのを背景に、パスポートの発行量も激増している。2012年3月、電子パスポートの発行が始まり、年間約20%のペースで増加。これまでに使われていたパスポート番号は枯渇することになる。

電子パスポートを筆頭に、「通行証」などの電子化改革も段階的に進められている。現在、香港とマカオの住民が中国本土を行き来するための「通行証」や台湾の住民が中国本土を行き来するための「通行証」、中国本土の住民が香港やマカオを行き来するための「通行証」などは全て電子化されている。偽造防止能力や外観のクオリティを高めると同時に、公安機関は必要な資料の簡素化も進めている。16年、中国本土の延べ7900万人が電子パスポート、または「通行証」を使って、出入国審査の手続きがスピーディーにできる「 自動化ゲート」を通過した。同数字は、出入国のために税関を通った中国本土の住民の30.6%を占める。(提供/人民網日本語版・編集/KN)