【詳細】WEB動画「Twinkle Twinkle 2017」はこちら

東京シティ競馬(以下、TCK)が、WEB限定動画「Twinkle Twinkle 2017」を公開した。

2017年度のテーマ「NEW TWINKLE.〜光と遊べ。〜」のもと、モデル・タレントのローラと人気お笑いコンビ、オリエンタルラジオが様々な光の中で、演技や“馬ダンス”を披露している。

この動画は、明治時代と現代の競馬場を体現した内容で、時代が変化しても変わらない競馬の楽しさと、2017年に新しく生まれ変わったTCKを表現。競走馬の疾走感を表現したローラとオリエンタルラジオのカッコいい“馬ダンス”や、200人以上のエキストラの出演など、煌びやかで豪華な演出は必見だ。

また、今回1994年のTCKのタイアップ楽曲であるWinkの「トゥインクル トゥインクル」を再度起用。2017年、TCKがさらなる輝きを放つために、昨年大ヒットした「PERFECT HUMAN」の作曲を手がけるJUVENILEに楽曲のリバイバルを依頼。歌い手には、元Winkの相田翔子を迎え、上質な大人の輝きを担保しつつも、勢いがあり、繰り返し聴きたくなるような音楽が目指されたという。

最近ちょっと元気がない人、80’s〜90’sカルチャーが好きな人、23年前に青春時代を過ごした40代以上の人など、様々な層にアピールするCMとなっている。

■オリエンタルラジオ×ローラ インタビュー

中田敦彦:俺らだけが入ってるときには、その褒め言葉なかったんだけど、ローラが入った瞬間に「やっぱ倍よくなった」って言われたんだよね。

藤森慎吾:ローラパワーありがとうございます! 今回ローラと一緒にできて超うれしいもん。

中田敦彦:光栄だよね。

ローラ:ローラこそうれしい。

藤森慎吾:久々じゃない? 仕事で一緒になるの。

中田敦彦:CMの共演は、2011年ぶりなんじゃない?

ローラ:えっ? 忘れた!

藤森慎吾:覚えててくれよ!!

中田敦彦:ローラが輝き続けた6年間、俺ら一回引っ込んで、また戻ってきたんだよ。

ローラ:そうなの? おかえり!

藤森慎吾:浮き沈みすごいから。

中田敦彦:ローラがすごいのは、ずっと輝いてるからね。

藤森慎吾:ローラと一緒だと現場、撮影中も楽しいよね。

ローラ:ありがと。

■相田翔子 インタビュー

Q:久しぶりに「トゥインクル トゥインクル」を歌った感想は?

相田翔子:Wink 時代に歌ってたのは、もう 23 年前になりますので、ものすごいタイムラグがあり、新鮮な気持ちで歌わせていただきました。ただ実は、昨年のジャズフェスティバルの主催者の方から、「トゥインクル トゥインクル」をぜひ歌ってほしいと依頼があり、歌いました。そこで、自分の中でベースができていたので少し落ち着いて歌えたのですが、それがもしなかったらと思うと、もっともっとドキドキしていたのかなと(笑)。

ジャズフェスティバルで歌ったとき、16バージョンやジャズバージョンなどいろんなアレンジがあったんです。改めて、すごいカッコいい曲なんだなって、当時 Wink 時代には感じなかった「トゥインクル トゥインクル」の魅力を感じていたので、そんな矢先に今回のお話をいただけて、すごくうれしかったです。

Q:23年の時を経て、TCKに再度起用されて、どう思いますか?

相田翔子:23年の時を経て、同じ曲を使っていただけることがうれしいというか驚きだったりします。

Q:TCK のグランドオープンに合わせて、当時の「トゥインクル トゥインクル」をリバイバルした今回の音楽について、どう思いましたか?

相田翔子:お話を頂いたときはすごくうれしかったです。さらに、私が大好きな「パーフェクトヒューマン」をアレンジされたJUVENILEさんが、今回の「トゥインクル トゥインクル」を手掛けてくださったことを知り、すごくうれしかったです。ミーハー的に「パーフェクトヒューマン」は大好きな曲だったので、そんなすごい方の手によって生まれ変わり、そこでまた私も歌うことができるんだなと、純粋にすごくうれしくて。

楽曲は、スピードアップして現代風になったというのが、私の中で感動。トゥインクル競馬のキレイな馬たちがすごいスピードで走っていく風景にも、老若男女が楽しめるような、すごくドリーミングな東京シティ競馬場の雰囲気にも合っていると思います。あとは、オリラジさんのラップが入って、そこもすごくお洒落で、勢いもついて、純粋にカッコいい曲になりましたね。

Q:オリエンタルラジオさん、ローラさんと盛り上げていくわけですが、その意気込みをお願いします。

相田翔子:オリエンタルラジオさんとローラちゃんと一緒に TCK を盛り上げさせていただけること、すごくうれしく思います。私自身もあの頃以上にロマンチックになったトゥインクル競馬を観に行ってみたいなと思いますし、多くの皆さんにまた改めて TCK の魅力を再発見していただきたいですし、さらに、行こう! という気持ちになっていただきたいと思います。





TCK OFFICIAL WEBSITE

http://www.tokyocitykeiba.com/