パグの「ヘーゼル」は子犬の頃から元気が取り柄の女の子。

現在15歳のヘーゼルは「女の子」とは言えなくなったが、その元気さは健在だ。

高齢でも毎日散歩に

毎日散歩に出かけ、私たちに勇気と希望を与えてくれている。

雨の日も、

雪の日も。

お気付きかもしれないが、ヘーゼルは自力では歩くことができない。ご覧のように、車椅子の世話にならなければ…。

病気で車椅子生活に

The Dodoが伝えるところによると、今から4年ほど前、妙にふんぞり返って歩くようになったのが気になった飼い主は、ヘーゼルを獣医に連れて行ったという。

この時、椎間板変性と診断され、症状は悪化の一途をたどるだろうと言われた。

間もなく歩くことが困難になったヘーゼルのため、家族は特注で専用の車椅子を作ってもらうことに。

試作品を装着した瞬間から、ヘーゼルはホッとしたような表情を浮かべていたとか。

車椅子にもすぐに慣れた

すぐに車椅子生活に慣れたヘーゼルは、これまたお気に入りの専用のコスチュームを身に付け、散歩に出かけるのを楽しみにしている。

昨年の大統領選挙の時はこんな感じ。

こちらはイースターバージョン。

雨の日には傘を差し、

お菓子を持ち運ぶのにも便利だワン!

ト、トレーニングするの?

病気に負けず、たくましく、元気に過ごすヘーゼルの姿はInstagramで公開されており、2000人近いフォロアーを有し、「見ていると元気になる!」「希望をありがとう」「強いおばあちゃんだ!」等々、見る人にパワーを与えている。

ヘーゼルおばあちゃんは今日も行く!