冬服から春服へシフト。季節変わりにあると便利なアイテムたち #おしゃれのおさらい

写真拡大

こんにちは。スタイリストの植村美智子です。
やっと暖かくなってきました。なかなか着ることが出来ないでいた、春服たちの出番です! 冬から春へのファッションの変化は、いろいろな意味で1年の中で1番大きな変化。そんなこの時期、持っておくと便利なおすすめアイテムを3つご紹介します。
01.メガネ
寒い時期のアイテムに比べ、コートもトップスも生地の凹凸が減り、アイテム自体の主張がやや弱まるこの季節。なんだか物足りない......と、全体の雰囲気を少し寂しく感じることがあるかもしれません。そんなときに便利なのが、メガネ。おしゃれアイテムとしてのメガネを掛けることで個性がプラスされ、寂しさはなくなり、垢抜けた印象にしてくれます。ネックレスやピアス、ヘアアクセをプラスする手もありますが、お仕事のときにもOKなシンプルなものとなると、逆に寂しさがプラスされてしまうこともあるので、ご注意を。
02.胸元まっすぐインナー
暖かいインナーともお別れのときです。何を着ればいいんだっけ? となってしまう人も多いはず。透け感のあるニットやブラウスが多くなることを考え準備しておきたいのは、どんなタイプのネックラインでもおかしくなることはない、胸元のラインが真っ直ぐのインナー。カップ付きのチューブトップタイプは1枚持っておきたいアイテムですが、体のラインを拾わない、ゆったりしたタイプも持っておくと、透け感に合わせて選ぶことができて便利です。
03.レギンスや薄手のレッグウォーマー
暖かくなったとはいえ、日陰はまだまだ空気が冷たく、寒いのが苦手な人は、春服へのシフトは恐る恐るですよね。ちなみに私も大の寒がり。この時期に欠かせないのが、レギンスや薄手のレッグウォーマー。カイロや腹巻き同様、表には出てこず、影から暖かさを加えてくれるアイテムとして重宝しています。
コーディネートの邪魔をしないよう、パンツの太さ、丈に合わせて、着心地よく取り入れられるものをチョイスしてみてください。
スカート派の人には、膝丈のレギンスをおすすめします。フェミニンにスカートがひらっとしたときに、見せないつもりのものが見えてしまってはとっても残念ですからね。
きれいな色や、柄物などを取り入れ、春らしくファッションを楽しみましょう!

>>もっと「おしゃれのおさらい」を読みたい
・洋服の捨てどき・寿命はいつ? 衣替え時の見直しポイント3つ・春こそ大胆にステキに、花柄を着こなしたい・善は急げ、今から長く使える春アウターの選び方

イラスト/米山夏子