ダイエット中の罪悪感消える、野菜で挟むヘルシーバーガー

写真拡大

ダイエットを続けることが苦手。

なぜなら、「我慢」がつきものだから。

ヤセたいという気持ちは本当だけど、ダイエット中だって、お腹一杯美味しいものを味わいたいのです。

そんな願いを叶えてくれる、「ヘルシーバーガー」がいま海外で話題となっています。

パンの代わりに野菜で挟む「ヘルシーバーガー」

アメリカ在住のヨガの達人、Amy Clapham(エイミー・クラプハム)のInstagramに続々とアップされているヘルシーフード。

そのなかでも目を引くのが、ダイエットの大敵、炭水化物の代表であるパンの代わりに、アボカドやマッシュルーム、バナナを使った「ヘルシーバーガー」です。

カロリーは控えめなのに腹持ちが良く、またビタミンやミネラルなど栄養素もしっかり摂れるので、ダイエットと美容ケアの両方にぴったりなのです。

組み合わせは自由自在。楽しみながらダイエットできる

ミネラルとビタミンが含まれているレタスをパンの代わりにした、通称・レタスバーガー。シャキシャキ感にハマりそう。

スライスしたトマトや黄色いパプリカを挟んで、思いっきりカラフルに彩ると気分まで明るくなります。

食べごたえ十分な、大きな赤パプリカで挟んだバーガー。存在感があります。

バンズの代わりに野菜を使っている分、なかに入れる具材は何でもあり。チキンやハム、チーズなど好きなものを入れてOK。

ちなみにパプリカには、美白に欠かせないビタミンCが豊富に含まれています。

女性に人気の「食べる美容液」とも言われているアボカドを使ったバーガー。皮をむいたアボカドを縦にカットするだけ。食べ応えがあって、腹持ちがすごく良さそうです。

ポートベロマッシュルームという、巨大なマッシュルームをパンの代わりにしたバーガー。私も作ったことがありますが、ハルミチーズやトマト、レタスと相性抜群でした。

ポートベロマッシュルームはしっかりグリルして柔らかくしておくのがポイント。日本のSHAKE SHACKでも、オーダーすることが可能です。

ピーナッツバターやハニー、ドライフルーツなどをバナナで挟んだスイーツバーガーは、ダイエット中の間食としてぴったり。

これなら罪悪感なく食べられそうです。繊維もしっかり摂れるので、お通じの改善にも効果的。

ほかにも、パンの代わりになりそうな食材を自分でいろいろ試してみるのも楽しそう。

ダイエットを続けるためには、やっぱり我慢しすぎず楽しむことが大切です。

[SPOON UNIVERSITY]

写真/Visual Hunt

こちらも読まれています

・直帰したくない夜はモアナ・チャージ。ディズニー新作映画で心が気持ちいい〜って叫んでる #sponsored

・春の自分をコンディショニング。やさしくなれる服見つけた #sponsored

・気持ちの切り替えが上手な人、下手な人の共通点 #sponsored