“裸デート”番組、下着脱いだら悲しい結末に…

写真拡大

裸で出会った見知らぬ男女、恋に落ちるか落ちないか、裸だからこそわかることもある……。オーストラリアの番組の“裸でデート”する企画で、どうやら男性の大事な部分が小さすぎてカップル不成立になるという出来事があったようだ。

恋愛バラエティ番組は世界中で人気があり、多くの国が趣向を凝らした番組作りをしているもの。オーストラリアで放送されている番組「The Kyle and Jackie O Show」内での企画「裸でデート」は、裸で出会った男女が大人のデートをするかどうかというもので、この日2組は成功していた。そして問題の男女が現れる。

女性は最初、男性の引き締まった身体を褒めるが、いざ下着を脱いだ時は塩対応。SNSでこの様子を見ていた視聴者は「小さすぎる!」「笑える」「なんてことだ。彼女のモザイク部分の方が男性のものよりも長いぞ」と冷やかし始める。さらに番組の司会者もサイズの小ささに言及することに。結局女性は男性のアプローチを断り、2人でマカレナダンスを踊るという何とも悲しい結末となった。

ネットでは「最初からわかっていれば断りやすいよね」「笑える。すごい番組だ」「こんなひどい番組は視聴できない!」「今までで一番笑ったマカレナダンスだ」「人類全体のIQを下げているよね…」と賛否両論が寄せられているようだ。