ボビー・カナベイル Photo by Nicholas Hunt/Getty Images

写真拡大

 米USAネットワークのヒットドラマ「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」の新シーズンに、「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」でエミー賞ドラマシリーズ部門の助演男優賞を獲得した実力派俳優ボビー・カナベイルが、レギュラーとして新たに加わることになったと、米ハリウッド・レポーターが報じた。

 10月に全米放送が始まるファン待望のシーズン3では、無口で生真面目な中古車販売員アービング役でカナベイルがキャストに加わる他、中国系ハッカー集団ダーク・アーミーのボス、ホワイトローズ役で第1シーズンからゲスト出演していたB・D・ウォンが、シリーズレギュラーに昇格。前シーズンに引き続き、クリエイターのサム・エスメイル自ら全10話でメガホンをとる。

 新シーズンのストーリーは、シーズン2の最終話直後から始まり、ラミ・マレック演じる主人公エリオットとクリスチャン・スレイター扮するミスター・ロボットの間に生じた確執がエスカレートしていく様を追う。ポーシャ・ダブルデイ、カーリー・チェイキン、マルティン・バルストロム、グレイス・ガマーらおなじみレギュラー陣を迎え、4月からニューヨーク市内で撮影開始の予定だ。