写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の谷原章介が5日、都内で行われた4月19日スタートのTBS系料理番組『谷原章介の25時ごはん』(毎週水曜24:26〜24:55)の初収録後に囲み取材に応じ、意気込みを語った。

この番組は、"夜(深夜)"をコンセプトに、夜の時間帯に重点をおいて活躍している夜型人間に向けて届ける料理番組。すでにNHKで料理番組のナビゲーターを務めるなど、芸能界でも料理の腕前に定評のある谷原が、夜型の著名人をゲストに招き、毎週"絶品のお夜食"と極上のトークを振る舞う。

初冠番組ということに、谷原は「僕の名前がダサい。『25時ごはん』だけでいいのに」と照れつつ、「名前を番組の冠につけていただけるのは本当に光栄なことなのでとてもうれしい」とコメント。「みなさんにかわいがっていただけるように、楽しんでいただけるように頑張って育てていかなければ」と意気込みを語った。

谷原は、10年間MCを務めた同局の土曜昼の情報番組『王様のブランチ』を3月いっぱいで卒業したばかり。「心機一転の春」と表現し、「『ブランチ』は、今僕が司会業でやらせていただいている歌や料理、クイズといったことが凝縮されている番組。10年間、生でやらせていただき、これからの生きていく糧をいただいた」と感謝。「ゲストの方のおもてなしやプロフィールに迫るところで、10年間の経験を生かせれば」と話した。

初回収録は、シンガーソングライターの大森靖子をゲストとして参加。料理番組の経験は豊富でも「おもてなしをしてその方のために作るのは初めての経験」だったという谷原は、「本当に喜んでもらえるのかドキドキしながら作りました」と振り返った。また、大森が披露した歌に感激し、「すごいよかった。エンディングに使えたら、オープニングでもいいかなと思うくらい素敵な曲だった」と絶賛した。

収録では、昨年12月24日の放送をもって22年の歴史に幕を閉じた同局の『チューボーですよ!』(2013年から『新チューボーですよ!』)でおなじみだった「星3つ」という声も。意識しているのか聞かれると、「堺(正章)さんは"キョショー"。私はメンタルがそこまで強くないですし、まだまだ人間的にも小さいので、"コショー"くらい」と謙遜し、「"星3つ"は前提ということでやらせていただきたい」と笑った。