家を売るために客と4回結婚

写真拡大

中国では不動産バブルを抑制するため、政府が購入制限などを導入するケースが増えているが、国民の投資などを目的にした不動産購入への欲望は止まるところを知らない。このたび報じられたのは、不動産仲介会社が物件を販売するため、社員に偽装結婚させていたという話。中には4回も結婚した社員もいるという。

不動産仲介会社に勤めるある人物は、中国メディアに対し、上海市の「限購(購入制限)」政策を欺くために、社員(王さん)に偽装結婚させていると暴露。上海市ではこれまで“主要顧客”でもあった、同市以外の戸籍を持つ市民への不動産購入を厳格化したためだ。

紹介された30代の王さんは上海の戸籍を保持する人物。王さんは客の不動産購入を手伝うために、すでに4回結婚しているそうで、一時的に70代の女性の“夫”となったこともあるという。

もちろん、不動産購入の手続き完了後、ふたりは時期を見て離婚するわけだが、気になるのは王さんと客の間で(財産分与などの面で)トラブルが発生しないのかどうかという点だ。その点について王さんは「心配いりません」と断言。結婚前には客とかなり細かな契約を結ぶようにしているようで、これまでややこしいトラブルに巻き込まれたことはないという。そして無事すべての手続きが済むと、王さんには販売した物件の額によってコミッション6〜8万元(100万円程度)が入る仕組みだ。

問題なのはこうした偽装結婚の取り締まりがなかなか難しい点。偽装結婚についての明確な定義は存在していないため、本人たちがそれなりの“フリ”をしてしまえば、法の目をかいくぐることができてしまう。こうした業者とは常にいたちごっこ。中国の不動産バブルに歯止めをかけるのはそう簡単なことではないようだ。