Android向けのApple Musicアプリが現地時間4月4日にメジャーアップデートされ、昨年9月にiOS10と合わせてリリースされた、iOS版と同じ機能を装備しました。

昨年9月リリースのiOS版と同機能に

iOS向けApple MusicはiOS10でリニューアルされ、画面下の5つのボタン(ライブラリ、For You、見つける、Radio、検索)から、プレイリストを再生、好きなアーティストの新曲情報を得る、音楽を聴きながら歌詞を表示するなどの操作が可能になりました。
 
今回のアップデートにより、Android版でもこれらの操作が行えるようになっています。

バージョンナンバーも大幅アップ

ヘッダに「ライブラリ」「For You」などが大きく表示されるデザインもiOS版とほぼ同じで、以前よりも見やすく、使いやすくなっています。バージョンは1.2.1から2.0へと一気に数字がアップしています。
 
デザイン刷新により、「プレイリスト」は「ライブラリ」の中に含まれ、「新着ミュージック」は「見つける」の下に配置されました。
 
主な新機能は以下のとおりです。Apple MusicアプリのAndroid版はGoogle Playストアで入手可能です。
 

再生中:曲の再生中に歌詞を表示できます。ライブラリ:曲の管理ほか、オフラインで再生可能なダウンロード済みの曲を簡単に見つけられます。For You:あなたの好みの音楽に合わせて選んだプレイリストやアルバムなどを紹介します。見つける:新着ミュージックをいち早くチェックしたり、その時の気分や状況に合わせて聴きたいプレイリストやアルバムを試聴できます。Radio:Beats 1 をはじめ多彩なジャンルのラジオステーションを試聴できます。

 
Apple_Music_Android_2
 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)