4日、香港の女優ミシェール・リーが、一人息子をわがままな御曹司にしないよう、厳しく教育するよう心掛けていると語った。写真はミシェール・リー。

写真拡大

2017年4月4日、香港の女優ミシェール・リー(李嘉欣)が、一人息子をわがままな御曹司にしないよう、厳しく教育するよう心掛けていると語った。文匯報が伝えた。

【その他の写真】

中華圏最大級のミス・コンテスト「ミス香港」出身で、歴代グランプリの中で最も美しいと言われるミシェール・リー。08年、香港の船舶王の孫で、実業家のジュリアン・ホイ(許晋亨)氏と結婚。11年2月に第一子長男のJaydenを出産した。

このほど香港メディアのインタビューに答えたミシェール・リーは、6歳になったJaydenについてコメント。一人息子として大事に育てられているため、どうしてもわがままになりがちなJaydenに対し、「時には厳しく、過度に甘やかさないようにと自分に言い聞かせている」と語った。

富豪一族出身のJaydenは将来、父親の事業と共に、200億香港ドル(約2800億円)とも言われる巨額の資産を継承する身だ。「金のさじをくわえて生まれた」という言葉そのもののJaydenの人生だが、「きちんとした考えを持ち、社会に貢献できる人間になってほしい」とミシェール・リーは語る。

すっかり少年になり、自立心も芽生えてきたJaydenだが、成長を喜ぶ気持ちの中にも、「赤ちゃんの頃がとても懐かしくなる」という。まな息子の成長を一瞬でも見逃さないよう、今後もしっかり見守っていきたいと話している。(翻訳・編集/Mathilda)