世界ランキング7位の錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

3日発表ランキングで7位に…8か月ぶりにトップ5陥落で強力選手と潰し合い?

 男子テニスシングルスの錦織圭(日清食品)は3日発表の世界ランキングで4位から順位を落とし、7位となった。実に8か月ぶりのトップ5陥落は、どんなデメリットが待ち受けているのだろうか。専門家はランクダウンに伴う、意外な制約の存在を明かした。

「ランキングが30〜40位まで下がると、トーナメントで一回戦多く戦う義務が生じます。それは大きなデメリットになりますが、4位から7位というのであれば、大きな変化はないと思います。強いて、デメリットと言えば、グランドスラムでビッグ4や、第4シードまでの実力者と早い段階で当たることになります。

 第4シードに入っていれば、準決勝まで対戦する可能性は低くなりますが、第7シードということになると、順調に行けば、準々決勝で対戦することになります。もしも、このまま順位が下がるということになると、8位以内にいなければ、年末のATPワールドツアー・ファイナルに選ばれません」

 プロテニスプレイヤーの綿貫敬介はこう語った。

 錦織は6位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)とともに順位を下げた。ポイントを稼ぎ、順位を戻すことができなければ、5月の全仏オープン、7月のウィンブルドンでは1位アンディ・マリー(イギリス)、2位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、3位スタン・ワウリンカ(スイス)、4位に浮上した完全復活の天才、ロジャー・フェデラー(スイス)と準々決勝で潰し合う可能性が出てくる。

意外な懸念はホスピタリティ? 練習コート使用の優先順位などさまざま

「7位ということになると、よほど大会を選ばないと第1シードはないでしょう。決勝までによりランキングの強い相手と当たることになります。加えて、細かい部分ではいろいろな制約を受ける可能性があります」

 そう言って、綿貫は意外な懸念材料を明かした。

「大会に応じて、世界ランク4位や5位までに与えられるホスピタリティがあります。例えば、練習コート使用の優先順位や会場への送迎などです。トップシードの選手には専属ドライバーが大会から用意されます。しかし、ランキング次第では自分で試合後に車を用意することになります。

 グランドスラムでは細かく規定されていますし、シード選手とそれ以外で対応が全く違います。ホスピタリティの線引きはそれぞれの大会によります。8位や10位という部分もあります。ツアーを戦う上で細かい部分での影響はあるかもしれません」

 世界トップ4に用意されていた特別待遇の恩恵は、順位を下げることで失う可能性もあるという。今後は24日開幕のバルセロナ・オープン(スペイン)に出場予定の錦織。ランキング再浮上へ、挽回に注目したい。