部屋はきちんと整理整頓されていて、おしゃれなインテリアがいっぱい。他人の家に行った時、見た目はばっちりなのに、嫌な臭いが少しでもあると一気に幻滅してしまうものです。掃除をきちんとしているつもりでも、意外なところに臭いの発生源があることがあります。見落としがちな家の臭いについてご紹介しましょう。

臭いの発生源を確認しておこう

毎日嗅ぐ臭いというのは慣れてしまうもの。だから家の中の悪臭は住んでいる本人は気づかないことが多く、家を訪れてきた人が感じるものです。臭いが起こる原因には食べ物や体臭、衣類、洗濯物、タバコ、ペットなどがあり、これらの臭いが混ざってひとつの臭いとなります。

一言に家の臭いと言っても家庭ごとに臭いの原因が異なるので、その臭いはさまざまです。臭いを軽減するのに効果的な方法は、こまめに換気をすることです。部屋の湿気を取って臭いのもととなりやすいカビを防止する効果もあります。あるいは空気清浄機を使ったり消臭剤を使う手もありますが、臭いを完全に断ち切りたい場合は、掃除をして臭いの原因を取ってしまうことが必要となります。

臭い対策をしてシャットアウト

場所別に臭い対策法をご紹介しましょう。

◯台所

生ゴミは臭いのもととなりやすいので、こまめに捨てます。三角コーナーやゴミ箱に臭いがついてしまっていることもあるので、定期的に掃除しましょう。またコンロ付近は油で汚れやすく臭いを発しやすいので、料理をするたびに中世洗剤などでささっと掃除してしまうようにしましょう。

◯トイレ

尿が飛び散って残り、臭いを発しやすい場所です。掃除の際は、便器の内側だけでなく、外側や付近の壁、床など広範囲に掃除するようにしましょう。

◯下駄箱、クローゼット

空気の流れがないので、湿気が溜まりやすい場所です。湿った靴は下駄箱にしまわないようにし、一度着た服もクローゼットに入れないようにすると臭いを発しにくくなります。また定期的に風を通すようにし、除湿剤をおいておくと臭い対策になります。

◯寝室

布は臭いを吸いやすく、布団や枕、パジャマなどが臭いの発生源となることがあります。カバーやパジャマは定期的に洗い、カーテンもたまに洗うと良いでしょう。布団や枕は太陽に当てて消毒・乾燥させるようにしましょう。

来客気分で家の臭いをチェック

長い間臭いをそのままにしていると、いろいろな場所に臭いが染みついてなかなか消えにくくなるものです。普段から換気を心がけて、家の中に嫌な臭いがないかどうか、来客になったつもりでいろいろな場所をチェックしてみましょう。


writer:Akina