2017年の清明節のイベントとして3日、中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞記念館の彫像広場で陶芸靴展の開幕式が行われた。

写真拡大

2017年の清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月4日)のイベントとして3日、中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞記念館(南京大虐殺記念館)の彫像広場で陶芸靴展の開幕式が行われた。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

彫像広場では、南京大虐殺発生から80周年を追悼して、南京暁庄学院附属小学校の教師である王成氏が製作した陶器の靴80足が展示され、犠牲者たちを追悼した。(提供/人民網日本語版・編集YK)