約2年半ぶりのニューミニアルバム『D-Day』を4月12日(水)にリリースする、BIGBANGのボーカリスト”D-LITE (ディライト)”。

最新ソロ作を引っさげての初のソロドームツアー【D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017 〜D-Day〜】は、4月15日(土)・16日(日)メットライフドーム(旧:西武プリンスドーム)、4月22日(土)・23日(日)京セラドーム大阪の2大ドームで開催され、全4公演計20万人を動員する予定だ。

このミニアルバム発売とソロドームツアー開催を前に、D-LITE自身がプロデュースに携わった「D-LITE MUSEUM」がいよいよ4月6日(木)より池袋パルコ PARCO MUSEUMにてスタートする。

「ご来場頂いた皆様が明るくLITE(ライト)になる!」「日々のストレスが解消されて楽しくなる!」ことをコンセプトにしたというこのミュージアム。D-LITEらしい独特の世界観になっているとのことなので、D-LITEのことをさらに知り、気持ちも楽しく明るくなりたい人にはピッタリの空間だ。

来場した人にしか分からないサプライズ感を演出したいとの理由から、ミュージアムの展示内容は一切解禁されておらず、先日発表になったオリジナルグッズもユニークなものばかり。さらには、展示内容と連動したアイテムもあるとのことで、一部のグッズ画像は未公開となっている。

【D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017 〜D-Day〜】に連動したスケジュールとなっているので、ファンはLIVEの前に、その場に足を踏み入れた人だけが知ることのできるミュージアムの全貌をぜひ会場で体感して欲しい。

このようなミュージアムのプロデュースも精力的に行っているD-LITEは、自身のツアーグッズについても全面的にプロデュースに携わっている。D-LITEのソロツアーグッズは斬新かつ面白いものが多いこともあり、ファンの中で期待が高まる中、今回そして過去のツアーグッズはトータルグッズクリエイティブアドバイザーという肩書きを持つTO-SANとの共作であることがBIGBANGオフィシャルモバイルサイト「BIGBANG☆ワールド」のインタビューにて明らかになった。

【D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017 〜D-Day〜】のツアーグッズ制作秘話やグッズに込めた想いなど、会員のみが閲覧できる「BIGBANG☆ワールド」にて激白しているとのことなので、こちらもあわせてチェックして欲しい。

また4月12日(水)発売のニューミニアルバム『D-Day』は、3月28日(火)より先行配信が開始され、iTunes総合ミュージックアルバム1位のほか、レコチョクアルバムデイリーランキング・ハイレゾアルバムデイリーランキング、mu-moアルバムデイリーランキング、mora総合アルバムデイリーランキング・ハイレゾアルバムデイリーランキング(全て3/28付)など主要サイトの総合ランキング首位を席巻。

韓国で『大切な日』・『大事な日』という意味で使用される単語、”D-Day”と冠された今作は、オリコンアルバムウィークリーランキング初登場1位を記録した14年10月発売の宴会企画ミニアルバム『でぃらいと』以来、約2年半ぶりのソロ作品。

2016年BIGBANGのデビュー10周年を華々しく飾ったD-LITEがソロとして新たな一歩を刻む『D-Day』は、D-LITE自身がトータルプロデュース、楽曲提供に秦 基博[M-2「D-Day」(ハウステンボス フラワージャパンカップ CM タイアップソング)]・水野良樹(いきものがかり)[M-3「VENUS」・絢香[M-4「The sign」]]という日本を代表するアーティストを、そしてサウンドプロデュースに亀田誠治を迎え制作された珠玉の全7曲を収録。

DVDには「D-Day」MUSIC VIDEO・メイキング映像のほか、これまでのソロ曲MUSIC VIDEO全7作を収録。そして2016年夏に行われた大阪・ヤンマースタジアム長居でのBIGBANG10周年記念スタジアムライブより、7月30日公演のD-LITEソロパートを初商品化。さらにこれまでのソロツアーより選りすぐりのLIVE映像もコンパイルしたトータル100分の豪華内容となっている。

本日このミニアルバム『D-Day』のトレーラー映像第2弾が公開されたほか、『D-Day』スペシャルサイトでは全曲の試聴や上記アーティストからのコメント、全曲の歌詞も掲載されているのでファンは必見だ。