5日、韓国メディアによると、北米アイスホッケーリーグ(NHL)が2018年の韓国・平昌冬季五輪への不参加を公式に宣言した。世界のトッププレーヤーたちの不参加は五輪の興行に大きな打撃を与えるとみられている。資料写真。

写真拡大

2017年4月5日、韓国・朝鮮日報によると、北米アイスホッケーリーグ(NHL)が2018年の韓国・平昌冬季五輪への不参加を公式に宣言した。世界のトッププレーヤーたちの不参加は五輪の興行に大きな打撃を与えるとみられている。

NHL事務局は4日、「北米アイスホッケー選手労組(NHLPA)、国際五輪委員会(IOC)、国際アイスホッケー連盟(IIHF)との交渉で実りある対話が実現しなかった」とし、「今後、同問題を正式に終結させる」と明らかにした。ただ、NHLは選手らが個人的に平昌五輪に参加するとの意思を示した場合にそれを認めるかどうかについては決定しなかった。

NHLは1998年から2014年まで、五輪開催時にレギュラーシーズンを中断し、選手らを参加させてきた。アイスホッケーは五輪の入場収益の40%を占める人気種目だ。NHL所属チームのオーナーらは五輪参加による経済的利益がない点に不満を示してきた。リーグを約20日間中断しなければならない上、選手がけがをする可能性もあるが、NHLにはその見返りがない。

しかし、2022年の中国・北京冬季五輪への参加には肯定的な考えを示している。「中国市場への投資の価値は韓国よりはるかに大きい」との判断からだ。これに対し、NHL選手協会は声明を発表し、「安易な決定」と批判した。個別に五輪に出場すると話す選手もいるという。

平昌五輪関係者は「NHLの不参加の立場をまだ公式に確認していない」とし、「NHL選手らの五輪参加はIOC、IIHF、組織委員会の共通の立場だ。選手らを参加させられるようにする」と述べている。

これについて、韓国のネットユーザーからは「韓国国民はホッケーに関心がないからよいという問題ではない。アイスホッケーは冬季五輪の華だ。彼らが参加すれば視聴率も上がり、世界中から多くの人が韓国に来てお金を使ってくれただろうに。彼らが来ないなんて、平昌五輪は失敗したも同然」「彼らにとって大事なのは収入と広告。韓国では絶対にプレイしない」「冬季五輪の収益はアイスホッケーにかかっているのに。政治も滅び、スポーツも滅びる」「とても自分勝手だ」「韓国を見下している。アイスホッケーのすべての試合の観戦がボイコットされるという奇跡が見たい」「外交、スポーツにおいて韓国は本当に力が弱い」「平昌五輪は歴代最悪の冬季五輪になりそう」「よりによって日本の長野から参加し始めて、平昌の前で終えた」など、怒りや不安の声が多く寄せられた。

そのほか、「どうせ韓国人はNHLを知らない。参加してもしなくても興行に大きな変化はないだろう」「ちょうどよかった。平昌五輪は世界の注目を浴びずにひっそりと終わらせたいと思っていたから」などのコメントもみられた。(翻訳・編集/堂本)