写真提供:マイナビニュース

写真拡大

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『Apple Payでスイカが使えなくなりました!?』という質問に答えます。

***

ご質問の意図がよくわからないのですが、Apple Payに登録したモバイルSuicaが読取り端末に反応しなくなった、ということでしょうか? 正しい角度で端末にタッチしても反応がない、チャージができない、「カード読み取り済み 今回のご利用に支払いは発生しませんでした」などという通知が届く……そうであれば、「ヘルプモード」にする必要があるかもしれません。

Suicaには、駅に備え付けの端末で手動処理を可能にする特別なモードが用意されています。それが「ヘルプモード」で、この状態で駅係員にiPhoneを手渡すと、なんらかの原因で生じた決済不能な状態を解消してもらえます。Suicaグリーン券を使用するとき、読取りされない/隣りの座席が反応してしまうといった場合の対策にも有効です。

ヘルプモードを起動するには、Walletアプリを起動してSuicaの画面を開き、「i」ボタンをタップします。現れたSuicaの設定画面で「ヘルプモードをオンにする」をタップすると、Apple Payの画面に遷移して「ヘルプモードをオンにする」というメッセージが現れるので、ホームボタンに指を置きTouch IDで指紋認証を実行しましょう。これで、Touch IDが「ヘルプモード」のロゴに変われば準備完了です。

なお、ホームボタンを押すなどしてApple Payを終了したり、ほかのアプリを起動したりすると、ヘルプモードは終了されます。モードの継続時間は約1分ですから、操作から時間が経ちすぎてもいけません。駅係員にiPhoneを手渡すまで、ヘルプモードの状態を維持するよう注意しましょう。

(海上忍)