小嶋陽菜(AKB48)卒業コンサート「こじまつり〜小嶋陽菜感謝祭〜」DVD&Blu-ray(4月19日発売)ダイジェスト映像とジャケットが公開された。

2月21日、22日に原宿にある国立代々木競技場第一体育館で開催され、セットリスト、演出、プロモーションと小嶋陽菜自身がこだわりぬいた、こじはる最後で最大規模の卒業祭り。

前夜祭の21日は、ピンクの法被を着た横山由依の笛や太鼓で奏でられた祭囃子の中、「わっしょい!」「こじま!」の威勢のいい掛け声とともに、会場に現れたのは、お神輿に乗った小嶋陽菜。アンジャッシュの児嶋一哉さんや小島よしおさん、メンバーの小嶋真子や小嶋菜月、小嶋花梨(NMB48)たちのコジマ軍団に先導されて登場し観客を大いに盛り上げる。その後は、おぎやはぎの2人やアンガールズ田中卓志さんらと小嶋ファンのみなさんと関係者席に座ってステージを観覧する一幕もあった。

中盤では、かつてTV番組の企画として行われ、“AKB48史上最低の泥仕合”として黒歴史となっていた「指原PRIDE」が約5年ぶりの復活を遂げたり、乃木坂46がコンサートを行っているさいたまスーパーアリーナと中継を繋ぎ“乃木坂AKB”として『混ざりあうもの』を披露したり、AKB48初の派生ユニットとして、小嶋陽菜・峯岸みなみ・高橋みなみの3人が活動していた「no3b(ノースリーブス)」が、4年の沈黙を破って3曲を披露。とにかく初日から小嶋ワールド全開であった。アンコールでは、自身の卒業コンサートとは思えないほどあっけらかんとしていた小嶋が、大粒の涙を流し、これにはメンバーも驚きながらも、抱き合ったり肩を寄せ合ったりと、こじはるに感謝の気持ちを伝えた。

22日感謝祭のオープニング1曲目は、『スカート、ひらり』。小嶋陽菜と一緒に歌うのは、前田敦子、板野友美、篠田麻里子、高橋みなみ、大島優子、渡辺麻友。かつて「神7」と呼ばれた豪華メンバーがステージに並び、ファンを喜ばせた。

「昨日の前夜祭で完全燃焼した」とおどけながらも、「本当は、まだやりたいことがある」と語った小嶋は、会場後方のステージに移動したり、トロッコで2階席の客席の近くまで行ったりと、会場中を走り回り、ファンのみなさんと最後のコンサートを楽しんだ。

ラストの『ハート型ウイルス』では、小嶋が気球に乗って会場内を移動。どんどん正面ステージから離れていく小嶋・・・・「なんでそんなに遠くに?」と不思議がるメンバーに小嶋が一言。

「時間がないの!今からミラノ行ってくる」とまさかの答えが・・・「AKB48をよろしくね。バイバ〜イ!」とその後リムジンに乗り込み、颯爽と旅立っていくこじはるをメンバーは呆気にとられ見ていた。

2月21日・22日、両日開催された「こじまつり前夜祭・感謝祭」の他、特典映像には、高橋みなみプロデュース公演「愛しのにゃんにゃんお誕生日おめでとう公演」と小嶋陽菜「好感度爆上げ」公演も収録され、初回プレス分には小嶋陽菜のコメンタリー無料配信シリアルコードが付いている。