コラムニスト&ライターとして活動しているHARAKOです♪皆さんは「加齢臭」と聞くと、どんなイメージをお持ちですか?男性だけが放つもの?いえ、実は女性にも加齢臭は存在しているのです。そこで今回は、原因と対策について考えてみたいと思います。

加齢臭の原因って?

加齢臭の原因となるのは、実は毛穴に深く関係しています。毛穴の根元にある脂質が酸化すると、過酸化脂質に変わり、さらに脂肪酸を分解する際に「ノネナール」が発生。

このノネナールが、加齢臭のニオイを作る原因だと言われているのです。実はこのノネナールは、女性ホルモンの減少に伴い増える傾向あり。

女性ホルモンは皮脂分泌を抑制する働きもあるので、減少すると加齢臭が気になるという仕組みなのです。

4つの対策とは

では具体的に、そのような対策ができるのかみていきましょう。

【対策1】皮脂が多い部位を洗浄する
年齢を重ねると頭皮がベタつく感覚や、胸や背中が前より脂っぽくなる傾向はありませんか?それは身体全体を通しても、皮脂腺が多い分布場所だからです。ニオイが気になり始めたら、少し洗浄力の強いアイテムを選ぶなど、ボディケアを改善してみましょう!

【対策2】抗酸化作用があるものを取り入れる
ビタミンCやポリフェノールなど、抗酸化作用のあるものを摂取することもオススメ。効率的に取るなら、サプリメントやドリンクを活用してもOKです。

【対策3】和食や野菜を中心に食事をする
ジャンクフードやお肉、揚げ物などに偏った食事はしていませんか?野菜を中心とした和食にシフトし、食生活から見直すのも良い方法かもしれません。

【対策4】適度な運動で脂肪を減らす
最後は、軽い有酸素運動。日頃の生活に急な運動を取り入れるのは、難しいもの。駅から駅までをゆとりを持って歩いてみるなど、まずは簡単な運動時間を作ってみましょう♪

終わりに

自分では気づきにくい、体臭。「あれ?最近、何だか皮脂が増えた?」と自分でベタつきを感じたら、ぜひ意識されてみてくださいね♪


HARAKO
コラムニスト、ライター
提供記事をもっと読むPhoto by fotolia