写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイ・オー・データ機器は5日、IPv6に対応し最大867Mbps(理論値)での通信が可能なIEEE802.11ac準拠の無線LANルータ「WN-AX1167GR/V6」を発表した。4月下旬に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は税別8,980円前後。

5GHz帯のIEEE802.11ac/a/nと、2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nに対応する無線LANルータ。最大867Mbps(理論値)での高速通信が可能で、フレッツ光・光コラボのIPv6に対応。対応プロバイダに申し込むことで、次世代IPアドレス「IPv6」を活用したインターネットが利用可能となっている。880MHzのデュアルコアCPUを搭載し、同社検証で有線スループット約942Mbps、無線スループット約457Mbpsを達成したという。

5GHzで2本、2.4GHzで2本のアンテナを内蔵。この4本のアンテナは全方向360度に電波の死角を作らないよう最適化されており、最大通信距離を伸ばすパワーアンプを使用した「360コネクト」技術により、宅内で広く電波が届けられるとする。ノイズなどによる速度低下を防ぐ「ビームフォーミング」も搭載。

このほか、Wi-Fiの混雑状況を調べられるアプリ「Wi-Fiミレル」や、ルータを変えても再設定が間単に行える「Wi-Fi設定コピー機能」にも対応。5年間無料で利用できるフィルタリング機能「ネットフィルタリング」も搭載する。

インタフェースはGigabit Ethernet対応有線LAN×4とWAN×1。無線LANセキュリティはWPA2-PSK(TKIP / AES)、WPA-PSK(TKIP / AES)、WPA2-PSK(AES)、WEP(64 / 128bit)、MACアドレスフィルタリング(最大32エントリ)など。推奨接続台数は16台。

縦置き / 横置き両対応で、本体サイズはW100×D150×H156mm(縦置き時)、重量は270g。対応OSはWindows 7(SP1) / 8 / 8.1 / 10、OS X 10.8〜10.12、Android 4.0〜7.0、iOS 7〜10。

(リアクション)