写真提供:マイナビニュース

写真拡大

みなさま、こんにちは! ディズニー大好きな吉田よしかです。

今回は、東京ディズニーランド(千葉県浦安市)で4月4日から6月14日まで開催中の「ディズニー・イースター」について、思わず写真を撮りたくなるデコレーションや今年初登場したキャラクター「うさたま」のグッズなどを紹介します!

○「うさたま」って?

さて、先にも書いた「うさたま」ですが、これって何だろう? と思った方も多いのではないでしょうか。

うさたまとは、今年のディズニーイースターで初登場したうさぎの耳が付いたいたずら好きで好奇心旺盛なヘンテコなタマゴのキャラクター。

真っ白いたまご型の身体の後ろにはうさぎのようなしっぽが生えていて、腕や足はミッキーマウスのように黒く、ミッキーと同じ黄色い靴や白い手袋をしています。

このうさたまがどうやって誕生したか? なんと、ゲスト自身がパークで確認できるんです!

うさたま誕生の秘密は、東京ディズニーランドのエントランスにあるフォトロケーションにあり。このフォトロケーションには、うさたまを作るイースターエッグメーカーが置いてあります。よく見ると、てっぺんにいる鶏が卵を産んでおり、レーンを通って降りていく卵がだんだん大きくなっていくのがわかります。

卵がエッグメーカーに入っていくと、うさたまが誕生! 好奇心旺盛なうさたまたちはパーク内のあちこちに遊びに行っているので、各ショップの前やアトラクションなどさまざまな場所で発見できます。

逃げ出したうさたまを捕まえようとするドナルドダックやそれを見ているミッキーマウス、うさたまからプレゼントをもらって嬉しそうなミニーマウスたちなど、ユーモアにあふれたフォトロケーションをバックに記念撮影しましょう!

○うさたまを見つけてプレゼントをゲット!

期間中は、「エッグハントプログラム〜"うさたま"を探せ!〜」も開催されます。入園時にもらえる無料の専用マップ「うさたまをさがせ!」には、うさたまの目撃情報が書いてあるので、園内のあちこちに逃げ出したうさたまを探してゴールを目指しましょう。

見事にゴールまでたどりついたゲストには、プログラムの証しであるオリジナルシールがプレゼントされます。かなり多彩な場所にいるので、目線の高さだけでなく建物の上や、水辺なども探してみてくださいね。見つけた瞬間、「こんなところにいた!」とテンションが上がること間違いなし!?

○イースターグッズ、これが一押し!

今年の主役であるうさたまは、グッズにも多数登場しています。

コップの縁に乗せて飾れるミニフィギュア「フィギュアリン」(3個セット・1,600円)や、ねじを回すとカタカタ歩く「ゼンマイトイ」(600円)のほか、フワフワの大きな「クッション」(2,300円)も登場!

このクッションを持ってパークを歩けば、うさたまと一緒に園内を散歩しているような気分が味わえますよ。ベンチが空いていれば、うさたまクッションを座らせてみて記念撮影するのもオススメです。

開始早々、大反響のディズニーイースター。みどころがいっぱいですが、まずは、うさたま探しからはじめてみませんか?

※価格は全て税込

(c)Disney

○著者プロフィール: 吉田よしか(ヨシダヨシカ)

東京ディズニーランドが開園した1983年以降、30年以上に渡りパークに通い続けているディズニーの達人。年間300日以上パークに足を運び、最新情報やディズニー関連情報などを毎日紹介するAmeba公式ブログ『吉田さんちのディズニー日記』は1日平均50万PVを誇る。

(吉田よしか)