写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日野自動車は5日、大型トラック「日野プロフィア」と中型トラック「日野レンジャー」のモデルチェンジについて発表した。それぞれエクステリア・インテリアデザインを一新。安全性能を大幅進化させた「日野レンジャー」は4月5日、基本性能を大幅に向上させた「日野プロフィア」は5月22日に発売される。

「日野プロフィア」はシャシから刷新し、トラックとしての基本性能が向上。標準装備のPCS(衝突被害軽減ブレーキ)は機能向上を図り、ミリ波レーダーと画像センサーにより、停止車両や歩行者も検知して衝突回避を支援することが可能となった。あわせて標準装備しているドライバーモニター、車線逸脱警報、VSCなどと相まって高い安全性を実現している。常時ハイビームを使用可能で夜間の視認性を向上させる「可変配光型LEDヘッドランプ」をオプション設定しており、これは大型トラックとして日本初だという。

「日野レンジャー」は「日野プロフィア」と同等の安全装備を標準装備とすることで、安全性能を進化させた。エンジンのダウンサイジングで燃費向上や軽量化も実現しており、2017年9月から適用される「平成28年排出ガス規制」に適合した。

両モデルのエクステリアは堂々とした存在感を主張しつつ、空気抵抗の低減やデイライトを備えたLEDヘッドランプの採用により、機能向上も実現。新しいインテリアは、新型シートによる乗り心地の向上、7インチの液晶を備えた大型で確認しやすいメーター、操作しやすいステアリングスイッチなど、ドライバーに快適な仕事場を提供する。「Pro Shift」(プロシフト : 機械式自動変速機)搭載車では、シフトレバーに替えてダイヤル式のギヤセレクターをインパネに設置し、あわせて変速モードの切替えやマニュアル変速操作が行えるシーケンシャルレバーをステアリングコラムに設けることで、変速操作の負担軽減やキャブ内での移動性向上を実現した。

通信により車両情報を日野に送るICTサービス機能も両モデルともに備えた。万が一の車両トラブルの際も位置情報を把握し、適切な初動対応につなげるほか、車両データに基づき運転状況のレポート提出や、適切な予防整備の提案が可能となっている。

価格は「日野プロフィア」が1,867万2,120〜2,405万1,600円、「日野レンジャー」が910万4,400〜1,142万7,480円(ともに税込)。

(木下健児)