クーペ、スポーツバック、カブリオレというボディバリエーションを用意するアウディA5シリーズがフルモデルチェンジです。

1

第二世代のアウディA5/S5シリーズは、いずれもスタイリッシュなシルエットが印象的ですが、それだけではありません。アウディ プレセンスシティ(歩行者検知機能付自動ブレーキ)を全車に標準装備するなど、安全性能においても高いレベルに達していますし、燃費性能についても向上しています。

具体的には、2.0リッターエンジンを積むquattro(四輪駆動車)グレードで新旧比較をすると、最大出力が41馬力増し、最大トルク20Nmアップとなっているにも関わらず、燃料消費率は16.5km/Lと旧型の13.6km/Lから21%も改善してているのです。

また、新型A5スポーツバックには、新世代の高効率2.0リッターターボエンジンを積んだFWD(前輪駆動)グレードも新設定。欧州仕様では190馬力、320Nmというスペックのエンジンは、高効率な「Bサイクルエンジン」となっているのがトピックスです。

なお、4WD車の2.0リッターエンジンは最高出力252馬力、最大トルク370Nm。いずれも7速Sトロニックが組み合わせられています。

クーペ、スポーツバック、カブリオレのいずれにも設定されるハイパフォーマンスグレード「S5」のエンジンは、3.0リッターV6ターボ。このエンジンには8速ティプトロニックが組み合わせられます。

メーカー希望小売価格は、A5スポーツバック(2.0リッターFWD)が546万円〜603万円。A5スポーツバック(2.0リッター4WD)が686万円、S5スポーツバック(3.0リッター4WD)が913万円。A5クーペ(2.0リッター4WD)が686万円、S5クーペ(3.0リッター4WD)が913万円、A5カブリオレ(2.0リッター4WD)が757万円、S5カブリオレ(3.0リッター4WD)が998万円となっています。

なお、発売時期は2.0リッター4WD車が2017年4月下旬。そのほかは7月下旬の予定です。

(写真:小林和久/アウディ ジャパン 文:山本晋也)

【関連記事】

アウディA5クーペ/スポーツバック/カブリオレがフルモデルチェンジ、FFモデルを新設定してエントリー価格は546万円から
http://clicccar.com/2017/04/04/459954/

アウディが世界初公開した2.0リッターターボは短時間の吸気がポイント
http://clicccar.com/2015/05/08/306007/

歩行者検知の自動ブレーキを全車に標準装備したアウディA5シリーズは燃費性能も向上(http://clicccar.com/2017/04/05/460127/)